妊活サプリの教科書
> > ベジママvsママナチュレ!ピニトール配合の葉酸サプリを徹底比較!

ベジママvsママナチュレ!ピニトール配合の葉酸サプリを徹底比較!

徹底比較!ベジママvsママナチュレ葉酸

葉酸サプリやマカサプリなど妊活サプリにも多くのジャンルがありますが、その中でもピニトールと言われる不妊体質や多嚢胞性卵巣症候群に効果のある成分を配合させた代表的なサプリにベジママとママナチュレ葉酸があります。

ここではそのベジママとママナチュレ葉酸サプリを徹底的に比較してみました。
「ピニトールという成分が気になっているのだけどっちを買えばいいのか迷っている」
「ピニトール以外で優れているのはどっちなの?」
と気になる方は是非参考にしてみてください!

元妊活サプリメーカー社員ならではの裏話
ピニトールを妊活サプリに初めて配合させたのはベジママです。ママナチュレ葉酸はベジママをベンチマークした形で開発されているのでおそらくライバルとしていると思います。

ベジママとママナチュレ葉酸の成分や特徴などの比較一覧表

項目 ベジママ ママナチュレ葉酸サプリ
商品画像 ベジママ ママナチュレ葉酸サプリ
販売元 関西鉄工株式会社 株式会社アンビシャス
発売年 2014年 2016年
内容量 120粒/1カ月分 90粒/1カ月分
1日の摂取量 1日4粒 1日3粒
単品価格 5,940円(税込) 8,596円(税込)
定期便価格 初回2,970円(税込)
※2回目以降5,054円(税込)
4,298円(税込)
※2回目以降5,378円(税込)
まとめ買い 無し 無し
1日あたりの金額 約99円 約143円
返金保証 有り
無期限返金保証
有り
15日間全額返金保証
GMP 日本国産 日本国産
放射能検査 検出していない 検出していない
残留農薬度 検査済 検査済
粒の大きさ 0.8cm 0.9cm
粒の匂い ヨモギのような匂い ほぼ無臭
容器 ボトルタイプ パウチタイプ
賞味期限 約2年 約2年
葉酸の配合 400㎍
(モノグルタミン酸型)
400㎍
(モノグルタミン酸型)
鉄分 配合無し 10mg
カルシウム 配合無し 含有量の記載無し
ピニトール 260mg
(アイスプラント原料)
300mg
(イナゴマメ原料)
ビタミン 7種類
ビタミンE、ビタミンC、ビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンB2、ビタミンB12、パントテン酸
12種類
ビタミンK、ビタミンP、ビタミンC、ナイアシン、ビタミンE、パントテン酸、ビタミンB6、ビタミンB2、ビタミンB1、ビタミンA、ビタミンD3、ビタミンB12
ミネラル 1種類
マンガン
10種類
亜鉛、銅、セレン、マンガン、クロム、モリデブン、カルシウム、ナトリウム、ヨウ素、リン
アミノ酸 無し 4種類
L-シスチン、L-バリン、L-ロイシン、L-イソロイシン
ルイボス 50mg 含有量の記載無し
マカ 配合無し 300mg
乳酸菌 無し 有り
イソフラボン 無し 有り
栄養機能食品 ビタミンE
メーカー直販 ・公式サイト ・公式サイト
・amazon

成分の種類が多いのはママナチュレ葉酸だけど…

一見こうして比較して見てみると成分の種類が多いのはママナチュレ葉酸サプリです。
実際ビタミン・ミネラル・アミノ酸の種類はベジママの8種類に比べてママナチュレ葉酸は26種類と圧倒的です。

しかし気になったのがママナチュレ葉酸はマカ、ルイボス、イソフラボンといったホルモンバランスに関わる成分を多く配合させていること。
不妊体質を改善するために女性ホルモンを整える成分を配合していることは悪いことではないのですが、あまり多く配合しているのもホルモンバランスを乱す原因になりかねないため、良いは言えません。

元妊活サプリメーカーで働いていた私からすると、ベジママよりも良い妊活サプリを作ろうとあれもこれも妊活に良い成分を配合させたというイメージが拭えないのが正直なところです。

ベジママは無期限の返金保証がある

ベジママは無期限の保証制度があるのも大きな特徴です。返金保証制度を取り入れている妊活サプリメーカーはママニック葉酸やはぐくみ葉酸など他にも存在しますが、期限のあるものが殆どです。
妊活サプリの教科書で紹介しているメーカーではベジママは唯一無期限返金保証となっています。

一方でママナチュレ葉酸には返金保証がありません。
マカ、ルイボス、イソフラボンといったホルモンバランスに関わる成分を多く配合させているにも関わらず、返金保証が無いというのは正直いただけません。

仮に体に合わなかった場合は高い金額のサプリ代も無駄になってしまいますし、定期便で購入した場合最低6回は継続しなければいけないというルールもあるため、消費者としては非常に不安だと思います。
この点はママナチュレ葉酸に見直してもらいたい点です。

ピニトールには大きな差はない

ピニトールの含有量自体はママナチュレ葉酸の方が300mgと若干多いですが、含有量でそこまで効果に差が出る成分かどうかは疑問です。
また、原料もベジママはアイスプラント末、ママナチュレ葉酸がイナゴマメを使用していますが、現時点でどちらの方が優れているということもありません。

ベジママvsママナチュレ!見た目で比較

ベジママはボトルタイプ、ママナチュレはパウチタイプ

ベジママとママナチュレ葉酸のボトルの比較

ご覧の通りベジママは回して開けるタイプのボトルタイプ、ママナチュレは紙袋に入ったパウチタイプとなっています。
これに関してどちらが良いのかは個人の好みにもよると思います。
ボトルタイプはパウチタイプと比べると持ち運びには若干かさばります。その点パウチタイプはジッパーをしっかり閉めないと酸化するのがボトルタイプと比べて早いです。

個人的にはあまりサプリを持ち運ぶということはしないのでボトルタイプの方が良いとは思っています。

飲みやすさはママナチュレに軍配!

ベジママとママナチュレ葉酸のカプセルの比較

カプセルの大きさはベジママ0.8cm、ママナチュレ0.9cmと若干ベジママの方が小さく飲みやすそうではありますが、匂いが全然違います。
ママナチュレは無臭ですがベジママはヨモギのような匂い(個人的な感想ですが…)がするため、人によっては苦手な人が多いかと思います。

そのため、飲みやすさという比較ではママナチュレの方が圧倒的に勝っています。

ベジママがおすすめの人

返金保証制度がついているサプリを選びたい人

やはりどちらもホルモンバランスに関わる成分を配合させてはいるのですが、やはり体に合うかどうか不安な人は無期限返金保証がついているベジママがおすすめです。

信頼性の高い方を選びたい人

ベジママの方が先に開発されているということも販売実績は圧倒的に上です。また、“赤ちゃんが欲しい”“妊活スタートBOOK”といった妊活メディア雑誌でも紹介されていることも信頼性は高いと言えます。

コスパが良い方を選びたい人

ママナチュレ葉酸は1日あたりの金額が約143円に対してベジママは約99円とコスパの面でも優れています。また、初回も2,970円と試しやすい金額になっているのもポイントです。

ベジママの公式サイトへ

ママナチュレ葉酸がおすすめの人

少しでも多くの成分を摂取したい人

ベジママと比べて鉄・マカ・イソフラボン・ザクロエキス・乳酸菌といった多くの成分を配合しているため、それらもしっかり摂取したい人にはママナチュレ葉酸の方がおすすめです。

飲みやすさを重視したい人

ベジママと比べてママナチュレ葉酸はカプセル自体が無臭に近いため非常に飲みやすいと言えます。特に匂いや味に敏感な人はママナチュレ葉酸を選ぶことをおすすめします。

ママナチュレ葉酸の公式サイトへ

ベルタ葉酸