妊活サプリの教科書
> > 不妊治療に掛かる平均費用は?

不妊治療に掛かる平均費用は?

不妊治療に掛かる平均費用は?

妊娠したいけど、なかなか妊娠できないという人のための不妊治療。まずは検査からスタートして、その人に合った治療を行っていくことになります。
しかし気になるのが治療には費用がどのぐらい掛かるのか?ということ。
そこでここではクリニックなどで行う不妊治療の平均費用について考えてみましょう。

不妊治療に健康保険は利かない

不妊治療は怪我や病気とは違うので健康保険は適用されません。
そしてこれだけ治療を続ければ妊娠するという確実な期間もなく、数万円程度で妊娠する人もいれば、数百万円かけても妊娠できなかったという人もいます。

もちろん検査をして不妊原因を治療していくわけですが、実際には原因不明も多く、分かっている部分の治療を行っても妊娠できない場合もあります。
現実に体外授精という医学の手を借りた治療をしても、最終的に着床しなければ妊娠はできません。

健康保険が利かないので、ある程度期間を決めて治療を行うことが大切かも知れません。

検査をしても特に原因がはっきりしない場合は、まずタイミング法からスタートし、妊娠しなければ次の段階に。それでも妊娠しなければその次の段階へと進む場合もあります。

ただし、検査の時点で子宮筋腫など、病気が発覚した場合は治療が必要になりますが、この場合の治療は病気治療なので保険が利きます。

不妊治療費用は病院によって違いがある?

不妊治療は保険適用外なので同じ治療や検査であっても、病院によって差があることを覚えておきましょう。
大学病院や総合病院と言われている大病院より、個人経営系のクリニックの方が高い傾向にあると言われています。

元々不妊治療は自由診療、自由治療なので、それぞれの病院で価格設定することができます。
そのため不妊治療は個人クリニックや専門病院より、大きい病院の方が安い場合が多いと言われています。

安い料金の病院より高い料金の病院の方が、技術的にも安心だと考える人もいるかも知れません。しかし、費用と技術や実績が伴わない病院もあるので注意しましょう。

確かに技術も実績も最高クラスで費用も高いという病院もあります。
しかし、多くの場合は規模が小さいため経費がかかるため高くなるという病院もあるので、費用だけで判断することはできません。

治療の平均金額は約140万

不妊治療は治療内容や男性か女性かといったことで金額が大きく変わってくるため、調査会社のデータによるとおよそ平均140万円という金額が平均だそうです。

不妊治療にかかった平均総額

各詳しい費用は下記の通りです。

初診料、問診、触診などの費用

最初に初診料が必要になりますが、問診、触診合わせて平均2000円~5000円程度と言われています。

血液検査の費用

数種類の血液検査を行いますが、種類によって費用もさまざまとなります。
貧血やクラミジア感染症、一般的な項目の血液検査。
風疹抗体検査が約4000円前後
AMH(アンチミューラー管ホルモン・抗ミューラー管ホルモン)などは約8000円程度
となります。どちらも保険は利きません。

FSH(卵胞ホルモン)やLH(黄体ホルモン)は生理周期に合わせて採血を行い測定するので、ここでも約2000円~3000円の費用がかかります。
ホルモンが不安定な場合は、不妊治療をしながら1周期で3回程度必要になるので、1周期約1万円程度の心づもりが必要に。

超音波検査の費用

子宮や卵巣の状態をエコーで診る超音波検査の費用は約1000円~3000円程度
超音波検査では子宮や卵管の形などチェックします。

また、排卵付近での検査では卵法の大きさや左右どちらから排卵するかも確認します。
タイミング法や人口授精は、超音波の排卵チェックが必須となります。
そのため超音波検査は不妊の検査だけでなく、不妊治療を続ける上でも利用されるため何回も行うことがあるのです。

感染症検査の費用

費用は約1000円程度でクラミジアなどの感染を確認します。これによって膣、子宮、卵管あたりに感染や疾患がないかチェックします。

フーナーテストの費用

性行後12時間以内に、子宮内に精子がどれほど残っているかという検査です。1回500円前後です。

卵管造影検査の費用

費用は約7000円前後となります。卵管に詰まりがないか調べる検査です。
卵管が完全に詰まっていないか、細くなっていないかなどをチェックします。

病院によっては2日にわたって検査をしていくことになります。
1回目は造影剤を入れて撮影し、2回目は入れずにレントゲンを撮ります。

抗精子抗体検査の費用

費用は約4000円前後となります。
精子が女性の子宮に入ったときに、精子を異物と判断して排除してしまうという誤作動がある場合があり、それではいつまでも妊娠できないので、精子を排除する抗体が女性にあるかをチェックするものです。

男性側の検査の費用

不妊改善には男性側の検査も重要になってきます。初回の検査で精液、精子の検査が行われます。

1回の射精で排出される精液全量の検査。多すぎも少なすぎも不妊原因になると言われています。
次に精子の量と濃度についてですが、精液の中にどのぐらいの精子が存在しているかの検査です。他にも精子の運動率も調べます。

そして前進運動精子の割合をチェック。また精子の形状として奇形の精子もいるので正常な精子の割合のチェックをします。

これらのチェックすべて行って、問題があればここから男性側の治療もスタート。基本的な検査はこの4つが中心となり、平均30000円~40000円程度と言われています。

タイミング法の費用について

医師からアドバイスを受ける女性

少しだけ医師の力を借りるという方法としてタイミング法があります。
性行為を行うタイミングを測ってもらい、ベストタイミングに性行為をするというものです。検査の結果大きな問題がない場合は、タイミングを合わせるこの方法が使われます。

それによって数回のタイミング法で妊娠することがほとんどです。
またあまりタイミング法を続けても妊娠できない場合は次の段階に進む判断が必要になります。

タイミング法ではホルモン状態をみる血液検査は1周期に最低3回、超音波検査も最低1回は必要があります。
それだけでも約10000円~20000円程度かかると考えましょう。そこに次の段階の排卵誘発剤などを使用すればプラスαとなります。

ただしタイミング法の指導を受けるだけなら、保険適用で1回約2000~3000円で済みます。無料で説明会を行っているところもあります。

人工授精の費用について

人工授精にかかる費用は、1回当たり約15000円~20000円と言われています。
必要な検査量をプラスしても約30000円程度なので、わりと低額で行われると言えるでしょう。

ただし何回も行うことになると、若い夫婦にとってはとても重いものになってしまいます。
そのため医師の判断で数回行って駄目なら、次の段階に進むように勧められることになるとのこと。

体外受精の費用について

人工授精の次の段階の体外受精は平均30万円~60万円と言われていますが、病院によっては100万円以上の請求ということもそれほど珍しいことではありません。
体外受精を行うときには必要な費用を前もってしっかり聞いてから行うようにしましょう。

また、1回でこの価格ですが、1回で妊娠するとは限りません。
残念ながら1回の治療で妊娠するケースは意外と少ないのが現実です。

助成金制度や不妊治療ローン、医療費控除などの利用も考えながら行うことになります。
しかし無理な治療の続行は夫婦関係を崩してしまうことにもなりかねません。

顕微授精の費用について

顕微授精の費用も人工授精と同じく30万円~60万円となります。
そしてこちらも同じように病院によっては、100万円を越える病院も結構あると言われているのです。
また当然1回で妊娠するとは限らないので、その辺のことも考えて行う必要があります。

顕微授精の透明帯貫通法は、卵子の回りにある透明帯に穴を空け精子を入れる方法です。
囲卵腔内精子注入法は、卵細胞質と透明帯の間にある囲卵腔に精子を入れる方法。卵細胞質内精子注入法は、 卵細胞質へ細い針を刺して精子を入れる方法。

これら3つの方法があります。その人にあった方法で行いますが、それぞれ費用の変動があります。

できるだけ早いうちから生殖機能の老化を予防する

不妊治療は金額的にもそうですが、精神的にも負担は大きいです。
そのためなるべく不妊治療を避けるべく、早いうちから卵子や精子の老化を予防しておくことが大切です。

高齢になればなるほど生殖機能が衰え、妊娠力が低下していくため、抗酸化作用のあるビタミンなどをしっかり摂取しておきましょう。

>>卵子の老化を予防したい人のサプリの選び方


ベルタ葉酸