妊活サプリの教科書
> > 精子を元気にしたい人のサプリの選び方

精子を元気にしたい人のサプリの選び方

精子を元気にしたい人のサプリの選び方

「妊活をしていても思うように期待通りの結果にならない…」
「産婦人科に行っても特に問題はないと言われた…」
不妊で悩んでいる時は女性側の原因をまず思い浮かべる人が多いと思いますが、実は「男性不妊」といって精子の運動率が低いことが原因の場合もあります。
女性だけでなく、男性にも不妊の原因があることも少なくないため、産婦人科などで不妊検査をする際は夫婦で一緒に受けることがおすすめです。
そこで今回は精子を元気にするための栄養素をご紹介していきます。

男性不妊って??

精子の運動卵子を目指して精子は泳いでいきますが、精子に元気がなかったり精子が早く泳ぐものの割合が低いと妊娠しにくい原因の1つになります。
そんな精子の運動率の低下の症状を「精子無力症」と言います。

精子無力症の原因

・先天性の症状
・前立腺やおたふく風邪
・長期間の禁欲生活

などが原因として考えられています。
精子無力症の原因はほとんどの場合先天性のものの場合が多く精子の数が少なかったり、動きが悪いなどの他に奇形や精子自体にもともと元気がない場合などが考えられています。

精子無力症ってどうやったらわかるの??

検査精子無力症の原因を調べるには病院で精液検査をすることになります。

男性は産婦人科などに行くのに抵抗がある人も多いですが、現在は不妊治療をしているカップルも多く産婦人科では男性も多く見られます。また委任状があればパートナーが持って行くことのできる病院も多いので問い合わせて見て下さい。

精液検査は1回ではなく数回することを推進されています。検査結果は日ごろのストレスや生活習慣が大きくかかわっていて変化しやすいのです。数回受けてどのような状態かを確認する方が確実な検査結果がわかります。

精子無力症と判断される基準は精子の運動率が32%未満の場合、精子が高速に直進する運動率が25%未満の場合になります。しかしこれは一般的な数値なので実際に病院で専門の先生の診察を受けるのが1番正確にわかります。

男性にも適齢期はあるの??

よく、女性は35歳から高齢出産などと言われ出産は早い方がいいなど言われますが、男性にもそのようなことはあるのでしょうか?

女性の場合:35歳前後で卵巣の機能が低下していく
男性の場合:45歳前後で造精機能が低下していく

男性と女性では約10歳の差がありますが、男性も機能が低下していくんです。正確にいうと、30歳くらいから男性ホルモンの分泌量が減っていっているんです。でも男性は女性よりもゆっくり減っていくので45歳前後と言われているんです。

精子を元気にする5つの栄養を摂取しよう

精子の運動能力が低下してしまうと妊娠に至る確率が落ちてしまうため、精子を元気にしていくことが大切です。
日ごろの食生活で精子を元気にしてくれる栄養を積極的に取りましょう。

  • 亜鉛
  • アルギニン
  • セレン
  • ビタミンE

亜鉛

亜鉛は性のミネラルと呼ばれ精子の量を多くしたり生殖機能をUPする男性ホルモンを作るのに欠かせない栄養素です。
加工食品やファーストフードを多く食べている人は亜鉛不足の人が多いので注意しましょう。

亜鉛が摂取できる主な食材 牡蠣・ホタテ・納豆・豚レバー・しじみ・チーズ・ゴマ・ナッツなど

亜鉛はミカンやレモンなどのビタミンCと一緒に取ることで吸収率がUPします。逆に玄米や海藻などの食物繊維が多い食材と一緒に取ると亜鉛の吸収率が悪くなってしまうので注意してくださいね。

アルギニン

アルギニンはたんぱく質の中の必須アミノ酸の1つです。精子はたんぱく質でできていますが、このアルギニンは精子の80%も占めています。精子を生成する機能を活発にするのでEDで悩んでいる人にも効果があります。

アルギニンが摂取できる食材 ゴマ・玄米・鶏肉・大豆・レーズンなど

セレン

セレンは精子にとってかなり重要な栄養素で精子の数も増やして運動率もUPしてくれる、なくてはならない栄養素なんです。

セレンが摂取できる食材 カツオ・さんま・アジ・ホタテ・イワシ・ワカサギなど魚介類に多い

セレンは食べ過ぎると肌荒れや胃腸障害などを起こしてしまうので大量摂取は危険です。
ただし、常識の範囲内で普段食べるのに関しては問題ないので大丈夫です。

ビタミンE

ビタミンEは男性ホルモンを作って活動させる役割があるため男性だけでなく女性にとっても大事で、不足すると生殖機能が落ちてしまう栄養素です。
男性ホルモンを作るだけでなく、作った男性ホルモンを分泌させて動きをサポートしてくれます。

ビタミンEが摂取できる食材 いくら・たらこ・ほうれん草・ブロッコリー・アボカドなど

体が鉄を多く吸収できれば精子の数も増加してくれます。

鉄が摂取できる食材 レバー・あさり・ひじき・ハマグリ・しじみ・卵の黄身など

また精力が下がってしまっている人はビタミンB1・アミノ酸・タウリンなどがとれるものを取るようにしましょう。
主にうなぎや豚肉・さんま・ホタテなどがおススメです。

妊活サプリは女性だけでなく男性も

女性だけでなく男性も妊活サプリはおすすめですこうして見てみると精子を元気にしてくれる栄養素は意外に沢山あるというのがおわかり頂けたと思います。
しかし、これを毎日食べるために用意するのって大変です。特に魚介類などは旬などもありその時期は手に入らないこともあります。

そんな時に栄養を補給できる妊活サプリメントを上手に使いましょう。妊活サプリは女性だけでなく男性にも必要な栄養素が配合されています。
最近は葉酸サプリなどが人気ですが、葉酸には精子の染色体異常のリスクを軽減する効果もあるため、上記の栄養素に合わせて摂取するのがおすすめです。

【関連記事】:男性も葉酸サプリを飲んだ方がいいの?

精子を元気にするおすすめ妊活サプリ

はぐマカ
亜鉛・セレン・アルギニンを配合させたマカをメインの妊活サプリ。

詳細はこちら

ベルタ葉酸サプリ
ビタミンE・鉄をしっかり配合させた夫婦で飲める人気の葉酸サプリ。

詳細はこちら

kodakara
亜鉛・ビタミンE・鉄をしっかり配合させた男性も飲める妊活サプリ。

詳細はこちら


はぐくみ葉酸