妊活サプリの教科書
> > 高齢が関係?二人目不妊の主な原因と対策は?

高齢が関係?二人目不妊の主な原因と対策は?

二人目不妊の主な原因と対策は?

一人出産すると、もう一人子どもが欲しいと思う夫婦も多いはず。しかし二人目の子どもがなかなかできない二人目不妊が増えていて、続発性不妊と呼ばれています。
このような二人目不妊をなくすためにも、どのような原因があるのかなどから考えていきましょう。
また、治療する時期はいつからが良いかなども解説したいと思います。

自信と焦りが二人目不妊に

一人目の子どもができると、自分は妊娠する能力があるという自信がつきます。
この自信は次の子どもの妊娠のためにはメリットですが、逆になかなか妊娠できないと今度はひどく焦る原因にもなるのです。
しかし一人目のときと違い、一人子どもがいると毎日の生活にも追われていきます。

家計も子どもに掛かるお金はバカになりません。
そんな状態で二人目の不妊治療を受けるどころではなく、ますます気持だけが焦ってしまいます。

焦りはストレスとなり余計二人目不妊に陥ってしまうこともあります。
こんなときにはまず医師に相談して必要なチェックをして指示を仰ぐことが大切です。
一人で抱え込まないようにしましょう。

二人目不妊の原因となる主な要因

  • ストレスと過労
  • 授乳による妊娠抑制
  • 子宮筋腫
  • 黄体機能不全
  • 卵子の老化
  • セックスレス
  • 高齢

ストレスと過労による二人目不妊

一人赤ちゃんが増えると、お母さんの生活は今までと一転してとても忙しくなります。
仕事を持っている女性は1年もたてば仕事との両立となり、仕事と育児と家事が重くかかってきます。

逆に仕事を持たない女性は1日中赤ちゃんの世話と家事で精神的にも疲れ果ててしまいます。
そのため仕事を持っていない女性の方が、精神的ストレスは大きいこともあります。

このような体と心のストレスによってなかなか二人目が出産できないことも。たまには夫やおばあちゃんなどに子どもを預けて、自分の好きな時間を作ることも大切です。

一人目の赤ちゃんのおっぱい習慣と二人目不妊

一人目の赤ちゃんのおっぱい習慣が長くなってしまうと、お母さんのおっぱいが止まるのも遅くなります。
授乳をしている間はプロラクチンというホルモンが分泌し、妊娠を抑制してしまうことに。
動物的な本能により次の妊娠はまだ早いという、体からの信号が不妊原因となってしまうのです。

いつまでも赤ちゃんがおっぱいを卒業してくれないと、プロラクチンは出続けることになるため、適切な年齢になったらおっぱいを卒業させるようにしましょう。

子宮筋腫による二人目不妊

一人目ができてから数年たつと、一人目妊娠のときには特に問題のなかった子宮に、筋腫ができることもあります。
原因はいまだにすべて分かってはいませんが、エストロゲンが多いことから起こると言われ手いる疾患です。

ストレスなども関係があるとも言われていますが、急激に大きくなることも。
子宮筋腫は子宮の内側に筋腫ができるもので、生理出血が多くなるぐらいであまり自覚がなく、大きくなるまで分からないこともあります。

筋腫が卵管を圧迫することで卵管閉塞になる場合もあり、着床がなかなかできないこともあるため、生理出血が多いと思ったら簡単に検査できるので医師に相談しましょう。

子宮筋腫の場合、手術という方法もありますが、これから妊娠を考えている場合はホルモン治療によって筋腫を小さくしていきます。
黄体ホルモンを強めに入れていくと卵胞ホルモンが弱まり筋腫は小さくなります。
ある程度小さくなったところで、ホルモン治療をやめて妊活をするというものです。

もし一人目のときにこの状態で妊娠した場合は、次の妊娠の前に手術をして筋腫を取り除き、それから妊活するということも考えられます。
子宮筋腫のまま妊娠しても、胎児の成長が遅くなったり早産、分娩時のトラブルなどのリスクも高くなるので、生理出血が多いと感じたらまず医師に相談しましょう。

黄体機能不全による二人目不妊

女性の生理のメカニズムは黄体ホルモンと卵胞ホルモンのバランスが重要だと言われています。
そして卵胞ホルモンが多すぎてしまし黄体ホルモンが増えない状態が黄体機能不全です。
生理メカニズムでは排卵日を境に黄体期に入り、黄体ホルモンが多く分泌されます。
それによって子宮内膜が厚く粘り強くなり、しっかり着床しやすくするのです。

しかし黄体ホルモンの分泌が少ないと着床しにくくなるため不妊につながります。
また、生理のメカニズムも崩れて生理不順にもなりやすいと言われています。
二人目を妊娠したいと思ってから治療をするというより、毎日の健康のためにも気づいたら医師に相談して改善しておきましょう。

次にもう一人妊娠したい時に、すぐに体が戻るとは限りません。
気付いたときが治療にベストなタイミングです。

卵子の老化と二人目不妊

卵子は女性が生まれたときからお腹の中に存在しています。
そしてその数が増えることはありません。生理が始まると毎月卵子が一つずつ減っていくのです。

つまり女性の年齢が高くなると、それだけ体内に存在している期間も長くなり老化していきます。
老化によって動きが弱くなり妊娠しにくくなるのです。

老化した卵子は受精しにくくなり、受精しても着床までいきつかないことが多いとのこと。
体外受精ではなんとか人工的に受精できても着床率がとても低くなると言われています。
例えば35歳では16.8%、40歳では8.1%と、どんどん着床率も低下します。

30歳を過ぎるとだんだん老化が始まり、特に35歳からはその老化も一気に早まります。
一人目の妊娠が30歳を超している場合、二人目はできるだけ早く考えないと不妊リスクが高まっていくことに。
そして卵子の老化は不妊だけでなく、流産や染色体異常などのリスクも高まるリスクもあります。

【関連記事】:高齢妊活は不妊が多い?年齢別に見る妊娠確率

セックスレスによる二人目不妊

一人目の子どもが生まれると、今までとまったく違った生活になります。
赤ちゃん中心の生活になり、二人の関係を大切にするどころではないなんてことも。
そんなときに起こりやすいのがセックスレスです。

たった数日しかチャンスのない、妊娠タイミング。セックスの回数が減ることでなかなか大切なチャンスを逃してしまうことに。

また、全くセックスをしなくなってしまう夫婦もいるそうです。
毎日疲れ切った妻は夫の誘いに乗れない、子どもばかりに愛情を向けてしまう妻と、良い関係が作れなくなってしまう夫も増えてしまいます。

いろいろな夫婦のパターンがありますが、このようなことにならないように、どちらも二人の関係は大切にしたいものです。
セックスの回数が減った場合はタイミング法をしっかり理解して、タイミングを合わせるようにしましょう。

高齢による二人目不妊の場合

主に高齢不妊は卵子と卵巣の老化が原因ですが、実際には50歳でも妊娠する女性はいるわけで、卵子や卵巣の老化には差があることも事実です。
そこで30歳過ぎて一人目を出産した場合は、二人目は1年後にすぐに妊活しましょう。

しかし無理することはないという気持も大切です。
どうしても高齢になると染色体異常などによる流産も多くなります。
これはどうしようもないことで、一人目を授かった感謝にもつながるはず。無理をしないことも大切です。

二人目はタイミング法をしっかり行う

二人目妊活ではタイミング法を活用し、上手に妊娠したいものです。

基礎体温と排卵検査薬を使って、排卵に合わせてセックスをします。
ただし多くの人が勘違いしてしまうのが、排卵日にセックスをするということです。

それではチャンスタイミングはあまりにも少なく、もし少しでもずれていたら妊娠できません。
排卵して24時間で卵子の寿命がきます。特に卵子が元気で受精できるのは6~8時間とも言われているのです。

その点、精子は4~5日の寿命があるので、排卵1~5日前にセックスをすればOK。
つまりこの期間に集中してセックスをすることがおすすめと言えます。
せめて2回行えたらチャンスはグーンと広がります。回数が多いと精液が薄まるという噂がありますが、医学的には何の根拠もありません。
逆にあまりたまりすぎて古くなった質の悪い精子は良くないとも言われています。

妊活サプリで必要な栄養素をしっかり摂取しよう

二人目ということは自然と一人目の時よりも年齢は上がっているはずです。
そのため、生殖機能は男女ともに一人目の時よりも確実に老化していますし、妊娠したとしても流産や先天性異常の発生するリスクというのも高くなっています。

そこで葉酸などの妊活サプリメントをうまく利用してできるだけ健全な妊娠を目指すことをおすすめします。

  • 先天性異常の発生リスクを軽減する葉酸
  • 卵子の老化を予防するビタミンE
  • 赤ちゃんの脳や筋肉を作るたんぱく質
  • 良質な精子を作る亜鉛

上記のような栄養素をしっかり摂取することが二人目不妊の対策にもなります。


ベルタ葉酸