妊活サプリの教科書
> お悩み・症状・目的別に妊活サプリを選ぼう

お悩み・症状・目的別に妊活サプリを選ぼう

お悩み・症状・目的別妊活サプリメントの選び方

妊活のためにサプリメントを摂取しようと思っても現在は様々なメーカーから葉酸サプリ・マカサプリなど多くの妊活サプリメントが販売されていて、実際どれを選んだらいいのかわからないという人も少なくないと思います。
そこで選ぶ1つの基準としてお悩みや症状から目的別に妊活サプリメントを選ぶことをお勧めします。

改善したい症状やお悩みから必要な栄養素をチェック

貧血体質を改善したい

なかなか赤ちゃんに恵まれず不妊治療に通っている女性には貧血体質の方が多いです。貧血によって酵素が体に届かなくなると、疲れやすく眩暈や立ち眩みといった体調不良の原因にもなってしまいます。

生理痛・生理不順を改善したい

どちらの症状も個人差はありますが、日常生活に支障が出てきてしまう可能性もあるため、女性にとっては改善したい悩みの1つです。また、生理痛・生理不順を我慢していると不妊の原因になることもあります。

先天性異常リスクを軽減したい

細胞分裂が活発に行われる妊娠初期に中枢神経系に異常が起こると、二分脊椎症や無脳症といった神経管閉鎖障害などの先天性異常が生まれて来る赤ちゃんに発症してしまう可能性があります。

受精卵の着床力を上げたい

着床障害が起きてしまう原因の1つに黄体機能不全というものがあります。排卵後に分泌された黄体ホルモンに異常があると、受精卵が子宮内膜にうまく着床できず、妊娠まで至らないことがあります。

卵子の老化を予防したい

晩婚化が進む時代背景もあり注目されているのが卵子の老化予防。卵子が酸化してしまうことで卵子の基になる卵子細胞に傷がついていきます。卵巣年齢が高くなればなるほど妊娠の確率はどんどん落ちてしまうと言われています。

精子を元気にさせたい

精子の数や運動能力が低下してしまうと受精する確率が減少してしまうため、妊娠が難しくなってしまいます。そのため男性も栄養素をしっかり摂取して元気の良い精子にすることが大切です。

悪阻を軽減したい

妊娠すると多くの妊婦さんが悩まされるのが悪阻という症状です。悪阻の症状や辛さには個人差があり、辛い人にとっては本当に辛いもの。そんな悪阻の症状を軽くすると言われる栄養素をおすすめします。

早産・流産予防したい

妊娠した後に一番することがこの早産や流産。実際妊娠した妊婦さんの約15%は流産すると言われています。そこで大切なのは早産や流産を予防すること。健康的な体を作って未然に防ぐようにしましょう。

基礎体温アップ・冷え性改善したい

妊活を意識した時に気にあることの1つが基礎体温です。冷え性などで低体温の人は妊娠しにくく、不妊の原因になるとも言われているため、基礎代謝を上げて冷え性を改善することが大切です。

赤ちゃんの歯・骨を丈夫にしたい

赤ちゃんの歯や骨は妊娠中にママが摂取する栄養素で決まってきます。お腹の中で胎盤を通し栄養をもらって歯や骨を生成するため、妊娠中から意識して栄養素を摂取しておくことが大切です。

ストレスケア・疲労回復したい

妊活をする上でストレスは妊娠しにくい体をつくる要因の1つと言われています。酷い場合、ストレスによって性機能障害に陥ってしまう可能性もあるため、普段からストレスケアは必要です。

便秘改善・ダイエットしたい

便秘や下痢など腸内環境が悪いと食事などから上手く栄養素を体内に吸収することができなく、妊娠しにくい体質になってしまいます。妊活のためには腸内環境を整えることも大切な準備の1つです。

不眠改善・快眠をしたい

妊活のためには健康状態を維持することが大切ですが、不眠は体を疲労させてしまい結果妊娠しにくい体質を作ってしまいます。睡眠不足にならず質の良い睡眠をとることも妊活では大切なことの1つです。


はぐくみ葉酸