妊活サプリの教科書
> > サプリメントの価格はいくらが適正なのか

サプリメントの価格はいくらが適正なのか

サプリメントの価格についての考察

「金額の高いサプリはやっぱり効果が高いの?」
「安い金額のサプリは効果が出にくい?」
「サプリでこの価格ってぼったくりじゃないの?」
サプリメントの価格では皆さんそれぞれ思うことはあると思います。
一言でサプリメントと言ってもその価格はピンからキリまで存在します。高ければ良いとか、安いからダメということではなく、サプリメントが自分の体に合っているかどうかです。

しかし、実際サプリメントの購入を考えている人も、選ぶ基準の1つに価格がある人も多いと思います。
サプリメントは病院からの処方箋のように“治ったら飲まなくていい”というものではなく、ある程度の期間飲み続けてこそ効果が出るものなので、サプリメントを選ぶ際の金額は慎重に設定するようにしましょう。
ここではサプリメントの価格について考察していきます。

金額を分けるポイントはサプリのスペック

サプリメントの価格設定は主にスペックで決められているのですが、大きくわけると

・合成成分がメインで配合されたサプリメント
・天然由来成分がメインで配合されたサプリメント

となり、このどちらで開発されたかによっても金額は上下します。
もちろん、合成成分のサプリメントと言っても配合成分が多くなれば多くなるほど価格も上がっていきます。

安すぎるサプリメントは避けよう

一概に高いから良いサプリということにはなりませんが、極端に安すぎるサプリメントはあまりおすすめしません。
価格の安いサプリメントというのは基本的に合成成分で作られていることが多いのですが、合成のサプリメントは作る際に不純物の排除にコストと手間がかかります。
安すぎるサプリ、つまり激安のサプリメントはその手間を省いている可能性もあり、原料の品質があまり信頼できません。

【参考記事】:サプリメントにおける天然と合成の違いとは

品質の良いサプリはコストが掛かる

サプリメント一方、天然由来成分で作られたサプリメントの原料は野菜や果物、天然の植物から抽出したものを使用するため、自然とそれなりの価格になってしまいます。
大量生産を行い、生産工程の効率化を行えばコストダウンはできますが限度はあります。
サプリの大きな割合を占める原材料の原価をはじめ、工場設備、製造工程、品質のチェック体制などといったコストも発生するため、品質の良いサプリメントはそれなりの価格設定になるということも理解しておきましょう。

いくらくらいの価格が妥当か

生活に無理のない価格で選ぼう価格への価値観によってそれぞれですが、一般的に妥当な金額は月額2000円~5000円、高くても1万円くらいがサプリメントとしてあるべき価格帯かと思います。
もちろん中にはそれ以上の価格のサプリ、例えば月額5~10万円のサプリメントも存在します。サプリメントに使用している配合成分にもよりますが、サプリメントを作る原価を考えても基本的には限度があり、極端に高い金額のサプリメントもあまりおすすめしません。
そういったサプリは利益重視と思ってもいいほどの商品です。

近年、妊活サプリとして人気の葉酸サプリマカサプリなどはネット通販で月額2000円~5000円ものが多く普及しています。
しかし極論を言ってしまえば、自分に体やライフスタイルに合うのであればドラッグストアや薬局で販売されているサプリメントでも問題はないのです。

価格によるサプリメントのスペック

500円~3000円 合成成分を使用し必須栄養素のみを補うタイプのサプリメント
3000円~5000円 ・合成成分で必須栄養素と付加栄養素を豊富に使用したタイプのサプリメント
・天然由来成分を使用し必須栄養素のみを補うタイプのサプリメント
5000円~ 天然由来成分で必須栄養素と付加栄養素を豊富に使用したタイプのサプリメント

市場に出ているサプリメントがすべて上記のスペックに当てはまるというわけではありませんが、主に価格でサプリメントのスペックを分けるとこうなります。

妊活・妊娠中としてのサプリの選び方

妊活中、もしくは妊娠中に飲むサプリメントとしての選び方のコツはやはり「赤ちゃんに悪影響のないもの」を選ぶこと。そのため、ここまで解説した通りあまりにも安すぎるサプリは選ばないことをおすすめします。
一番安心なのはやはり野菜や果物から抽出された栄養素を使用した天然由来成分のサプリメントです。お財布と相談し、月々に掛けられる予算の範囲内で自分に合うサプリメントを選んで行きましょう。


はぐくみ葉酸