妊活サプリの教科書
> > ピル服用前後の妊活サプリの摂取は葉酸などの吸収率が下がる?

ピル服用前後の妊活サプリの摂取は葉酸などの吸収率が下がる?

ピル服用前後の妊活サプリの摂取は葉酸などの吸収率が下がる?

ピルと葉酸の併用摂取によって吸収率を下げるという可能性があると言われていますが、そんなときにはどうしたらいいのか。またそれによってどのようなトラブルが考えられるのかなど、妊娠したいけどピルを飲んでいる人の感じている不安について考えてみましょう。

避妊以外の目的でピルを飲んでいる人について

生理不順改善など避妊以外でピルを飲んでいる方も多い

ピルというと生理メカニズムを意識的にコントロールして、不妊の状態を作り出す薬というイメージですが、現在ではこの働きを利用して生理のメカニズムの乱れを改善するために摂取している人もたくさんいます。
月経前症候群などはホルモンの乱れによって生理痛や吐き気など、さまざまな症状が出ることも。もちろん生理不順なども女性ホルモンのバランスの乱れが原因であり、ピルによってコントロールしている人もいるでしょう。

妊活サプリとピルは効果を低下させるのか

妊活サプリメントのジャンルにもよりますが、妊活サプリはピルの働きを半減させると言われており、またサプリに含まれるビタミンやミネラル、葉酸(ビタミンB9)などの吸収率を低下させてしまい、お互いに相性の悪いものと考えましょう。
もちろん健康食品であるサプリメントは、ピルと一緒に摂取しても害はありませんが、ピルの働きも妊活サプリの働きも低下させることになります。

お互いの効果が低下すると

妊活サプリとピルの効果が低下すると、まずピルの女性ホルモンコントロールの効果も半減。そして葉酸などのビタミンやミネラルの働きが低下することで、さまざまなリスクが高くなります。
例えば葉酸が不足している女性の体で作られた卵子は、DNAにトラブルのある卵子を製造するリスクが高まります。それによってさまざまな奇形や障害など、先天性異常や染色体異常を持った赤ちゃんができる可能性も高まります。

また、妊娠の超初期とも言われる時期がとても重要ですが、その時期に葉酸を摂取するためには妊活中から摂取していることが重要です。この妊娠超初期に葉酸が不足していると、神経管閉鎖障害などのリスクが高まるとも言われています。
つまりせっかくこのようなリスクを避けるために葉酸サプリを摂取していてもピルとの併用で、効果が低下すればこれらのリスクも高まってしまうことになるのです。

栄養素の吸収率を下げないために

併用する場合は4時間ほどは空けましょうもし妊活サプリで葉酸やマカなどの栄養素を摂取している場合、ピルの二つの効果を極力減らさないようにするなら、4時間は空けて摂取するようにしましょう。それによってお互いの働きを邪魔するリスクは低下します。
もちろんピルの摂取を医師の指導で始めた人は、まず医師に相談しましょう。どうしても必要でない限り、医師も妊活サプリの一本化を考えることが多いはず。どうしても一本化することができないという、体の事情がある場合は医師がきちんと説明してくれるはずです。

目的によっては妊活サプリでも補える

サプリでナチュラルに体質改善をしよう妊活サプリの多くには葉酸を中心に、ビタミンB群やビタミンEが含まれています。他にも妊娠のために必要なミネラルなども含まれていますが、これらの栄養素は生理不順を改善やホルモンの乱れを改善するためにも重要な栄養素なのです。
そしてピルより無理なくナチュラルにホルモンバランスを整えることができるため、妊活を希望している場合はおすすめです。

ピルのように、無理に女性ホルモンバランスのコントロールをするのとは違い、自己努力と妊活サプリによる改善は、とても自然なかたちでの妊活とも言えるため、ピルを一度お休みするのも妊活の1つと言えます。

【関連記事】:葉酸サプリの妊活・妊娠への効果とおすすめランキング

ライフスタイルを見直してピルに頼らない努力も大切

考える女性
ホルモンバランスが乱れるには自分の生活に問題があるはず。そのため自分の問題のある部分を見直すことができなければ、健康的な体になれず健全な妊娠も望めません。
そこでホルモンバランスがどうして乱れているか、その原因を考えてみましょう。
例えば毎日の食事に問題がある場合であれば、食生活を見直しましょう。バランスの取れた食生活に改善したり、また過度なダイエットをしているならすぐにストップしなければなりません。

またストレスが溜まっているということはありませんか?
精神的なストレスが溜まっているなら休養も大切ですが、好きな趣味の時間を増やしたり、好きなことを習ってみるのもいいかもしれません。ペットを飼うのもストレス解消になることも。アロマ風呂など自分で簡単にできる解消方法もおすすめです。

他にも肉体的な過労があるなら、とにかく休養、休暇を取るようにしましょう。不規則な生活や寝不足はホルモン分泌にもすぐに影響します。このように自分の努力で改善できるものはしっかり改善努力をしていきましょう。

健全な妊娠をするために

健全な妊娠をするためには、ピルによって不自然に女性ホルモンをコントロールすることを卒業し、きちんとした生活リズム、バランスの良い食生活、ストレスを溜めない環境、無理のない運動を心がけましょう。これをしっかり考えることで理想的な妊活ができるのです。
女性ホルモンの乱れも、その乱れだけをなんとかすることより、その原因を体の中と生活から改善することで健全な妊活ができます。

【関連記事】:生理痛・生理不順を改善したい人のサプリの選び方


はぐくみ葉酸