妊活サプリの教科書
> > なぜ産後に骨粗鬆症になる?その予防方法と対策

なぜ産後に骨粗鬆症になる?その予防方法と対策

なぜ産後に骨粗鬆症になる?その予防方法と対策

産後、骨粗鬆症になる女性が意外と多いことをご存じでしょうか。また骨粗鬆症の症状はすぐに出るとは限りません。程度によっては中年になってから急に症状が出てくることも。
そのため妊娠中や産後などカルシウム不足は注意したいものです。

体内でのカルシウムについて

カルシウムの99%は、わたしたちの歯や骨になることは多くの方がご存じかと思います。
そして、残りの1%は血液や筋肉、神経などの中に存在し重要な働きをしています。たった1%でも心臓の筋肉の収縮にも関わり、心臓をしっかり動かすために欠かせません。

他にもホルモン分泌や神経伝達物質の調整、さまざまな筋肉の収縮、免疫力アップ、精子の運動などをサポートするなどの働きも。また血液の凝固などにも関係しており、血中のカルシウム濃度は一定に保たれています。そして体内の足らないところに運ばれ、血中濃度が低下していくと骨を溶かして血中濃度を一定に保つのです。

つまり骨は骨としての役割だけでなく、カルシウムの貯蔵庫ということにもなるのです。そのためカルシウム不足の人でも、すぐに心臓が動かなくなることなどはありません。そのかわり貯蔵庫である骨の中のカルシウム分が減っていくとスカスカになり骨粗鬆症につながります。

産後の骨粗鬆症は妊娠時からのカルシウム不足が影響している

骨のイラスト

日本人全体にカルシウム不足ということが発表されていますが、まさにほとんどの人が満足にカルシウムを補えていないというのが現状です。その上外食の多い人や和食の少ない人は、どうしてもカルシウム不足になりがち。

ただしすぐに欠乏症状が起こらないことから、カルシウム不足の状態で妊娠していても気付きません。骨がスカスカにまでなっていなければ、日常生活で簡単に骨折を起こすことありません。そのため骨の中のカルシウムがだいぶ減っていても気付かない人がほとんど。

妊娠すると胎児の成長のために、骨からカルシウムをどんどん溶かしていくため、出産した頃には赤ちゃんを抱っこしただけで骨折したなんてことにもなりかねません。このように妊娠前からカルシウム不足によって、骨が弱っている可能性も意識することも大切なのです。

妊娠中のカルシウム摂取がカギを握る

妊娠中はしっかりカルシウムを摂取しよう

妊娠中のカルシウム不足は、上でもご紹介したように妊娠前からカルシウム不足のママは、特に注意をしなければなりません。
赤ちゃんに必要なカルシウムはママの骨から溶け出したものを使うので、直接影響は少ないと言われていますが、それでもママの骨がスカスカになっていると、赤ちゃんへのカルシウムも減ってしまい骨や歯が弱い子どもになってしまいます。

またカルシウム不足のママはイライラが強くなり高血圧のリスクも。特に妊娠中は妊娠高血圧症という妊婦がかかりやすい疾患があります。
これは昔で言うところの妊娠中毒というもので、出産時に母子ともに死亡することもあり、とても注意しなければなりません。

もちろん問題なく出産を迎えたとしてもママの骨の中がスカスカになっていると、ちょっとしたことで骨折しやすくなります。
また、すぐには症状が出なくても、更年期になって誰でもカルシウムが急減する時期に、骨粗鬆症になるリスクは高くなります。そのため妊娠中はしっかりカルシウムを摂取することが大切なのです。

【関連記事】:カルシウムの妊活・妊娠への効果とは?

授乳期もカルシウムはしっかりと摂取しよう

妊娠中と同じく、出産後にも赤ちゃんはどんどん成長するためにカルシウムを必要とします。当然赤ちゃんの食事はママのおっぱい。つまり授乳期にもカルシウム摂取は忘れないようにしなければなりません。
授乳期が終わるまでは、自分のためと赤ちゃんの代わりにカルシウムを摂る必要があるのです。

女性ホルモンの影響によって骨密度も減る?

女性ホルモンの1つでもあるエストロゲンには骨密度の減少を抑え、カルシウムの流出を抑制する働きがあると言われています。
しかし妊娠をすると、女性ホルモンのバランスが乱れプロゲステロンがエストロゲンよりも増えてしまうこともあり、その影響によって骨密度がどんどん失われていきます。

また、産後は赤ちゃんに母乳として栄養を贈るため、結果たくさんのカルシウムがママの体からは失われることにもなります。
赤ちゃんと自分のためにも妊娠時~出産後までしっかりとカルシウムを摂取するようにしましょう。

カルシウムと一緒に摂りたい栄養とサプリ

妊活サプリなどを利用し上手に摂取しましょうカルシウムを摂るときには、カルシウムの吸収を高めるため相性の良い栄養素を一緒に摂るようにしましょう。
マグネシウムやリン、亜鉛などは骨をカルシウムと一緒に作る成分です。これらが揃って初めて骨という貯蔵庫に吸収されるのです。カルシウム2~3に対しマグネシウムは1と言われています。
またビタミンDやクエン酸も吸収率を高めるサポートをします。

これらを含めバランスの良い食事をするようにしたいものです。
人気の妊活サプリなどには、葉酸をはじめ妊娠に必要な成分として、これらカルシウムと相性の良い成分もしっかり含まれているものも出回っています。
妊婦に必要な成分、必要な量が考えられており、安全性の面からも妊活サプリはおすすめのため、上手に利用していきましょう。

【関連記事】:赤ちゃんの歯・骨を丈夫にしたい人のサプリの選び方

まとめ

妊娠中・授乳中だけでなく、妊娠前からしっかりカルシウム不足のないようにしておくことの大切さもお分かりになったのではないしょうか。
そして妊娠中もカルシウムを意識した食事と、妊婦用サプリなどのサポートを上手に利用し、カルシウム不足を避けるようにしましょう。妊娠中のカルシウム不足が出産直後だけでなく、何年もたってから突然骨粗鬆症になってしまうリスクがあることも、しっかり意識したいものです。


ベルタ葉酸