妊活サプリの教科書
> 妊活・妊娠で摂取したい栄養成分

妊活・妊娠で摂取したい栄養成分

妊活・妊娠で必要な栄養素について

妊娠しやすい体質を作るためには栄養は非常に大切な要素の1つです。また、妊娠中に摂取する栄養素も赤ちゃんへ直接送られる栄養成分となるため、ママが栄養不足になってしまうと赤ちゃんにも悪影響が発生する可能性が高まります。ここでは妊活や妊娠中に必要な栄養素の紹介をしています。

女性の殆どが潜在的な栄養不足

不妊の症状などで産婦人科を訪れる女性の8割は実は栄養不足と言われています。もちろんそれだけが不妊の原因ではありませんが、多くの女性が現在社会では潜在的な栄養不足なのです。
女性の悩みでも代表的な頭痛・冷え症・不眠・生理痛・疲労感といった症状も実は栄養不足によることが多いです。
まずは栄養を十分に満たすことが妊活・妊娠の大きなポイントになるため、意識して摂取するようにしましょう。

妊活のために

・性ホルモンになる材料を増やす
・卵子の老化を予防する
・子宮環境を整える

妊娠の確率を左右すると言われているのが女性自身の年齢です。年齢を重ねれば重ねるほど卵子の数と質に差が出て来るのです。

現在の日本は昔に比べ働く女性が増え、初めての出産を迎える年齢が昭和と比べると5歳ほど高くなり、30歳を超えたというデータがあります。
女性の閉経はだいたい50歳くらいとは言われていますが、これには個人差があり早い人では35歳くらいには卵子の在庫が無くなってしまう人もいます。
そのため、いざ結婚して赤ちゃんが欲しいと思った時には妊娠の可能性が低い体になってしまっている女性も少なくはありません。

そこでできることが必要な栄養を補って妊娠しやすい体を作ること、またはキープしておくことです。
肉体的にも精神的にも安定した状態を保っていられることがポイントです。

妊娠のために

・赤ちゃんの脳、内臓、骨などの発育のために
・先天性異常のリスクを軽減させるために
・流産・早産を防ぐために

めでたく妊娠が発覚したとしても、妊娠のサインに気づけるのは次の月経予定日から約一週間後。つまり妊娠に気づいた時にはすでに3週間が経過していることになります。

実は卵子と精子が受精した瞬間から赤ちゃんの細胞分裂は始まってしまいます。
この細胞分裂をする時期が何よりも大切で、赤ちゃんの神経や臓器、骨や歯などあらゆるものを形成している時期でもあります。
この時期に栄養が不足してしまうと神経管閉鎖障害などの先天性異常が起きてしまう可能性もあるため、栄養不足にならないよう妊活時から栄養を補っておくことが大切です。

また、栄養素の中には早産や流産を予防してくれるものや、悪阻の症状などを軽減させてくれる栄養素もあります。
特に妊娠中は赤ちゃんに栄養を送ってしまいママ自身が栄養不足になりがちな時期でもあるため、普段より意識して補ってあげる必要があります。

そのため、体内への吸収力の高いサプリメントなどでの摂取が人気となっています。

必要な栄養成分を詳しく紹介

ビタミンCは抗酸化作用とストレス対策に効果のある栄養素です。

葉酸は先天性異常リスクを軽減させることで有名な栄養素です。

ビタミンEは若返りビタミンと呼ばれる抗酸化作用に長けた栄養素です。

ビオチンや葉酸など8種類の栄養素をまとめてビタミンB群と呼びます。

たんぱく質はコレステロールの素材となり性ホルモンに関わる栄養素です。

鉄はヘモグロビンの成分として体中に酸素を運ぶ働きがあります。

ママだけでなく赤ちゃんの骨や歯の生成に影響する大切な栄養素です。

腸内環境を整えるだけでなくストレス対策などでも大切な栄養素です。

細胞分裂の促進や生殖機能を維持するために男女に大切な栄養素です。

粘膜を維持し、赤ちゃんの細胞分裂をサポートする大切な栄養素です。

脳内神経細胞に関わるため、胎児の脳の発育のために大切な栄養素です。

栄養成分などによくある質問


はぐくみ葉酸