妊活サプリの教科書
> > ママナチュレ葉酸サプリの安全性レビューレポート

ママナチュレ葉酸サプリの安全性レビューレポート

ママナチュレ葉酸サプリのレビューレポート

神奈川県に本社を置く株式会社アンビシャスが開発した「ママナチュレ葉酸サプリ」。
他にも酵素ドリンクやたんぽぽ茶などのオリジナル商品も販売しているメーカーです。
葉酸・マカ・ピニトールなどを配合させていることから
「ピニトールやマカなどを一緒に摂っても副作用はないの?」
「他の葉酸サプリよりも効果があるの?」
といったことが気になる方も多いと思います。
ここでは元妊活サプリメーカーに勤務していた私がママナチュレ葉酸サプリを実際に飲んだ感想をレビューしています。

ママナチュレ葉酸サプリのパッケージについて

ママナチュレ葉酸サプリのパッケージ表面

ママナチュレ葉酸サプリはオーガニックレーベル葉酸愛され葉酸と同様にジッパー付きの紙袋タイプが使用されています。
紙袋の表と裏面にシールが貼ってあるだけですので、私個人としてはどうしてもこの紙袋タイプは安っぽさが出てしまうマイナスポイントの1つではあります。

パッケージはママと子供のシルエットが描かれている黄緑をベースとしたデザインで、女性向けのデザインとなっています。
取得はしているはずですが、GMPの認定マークも栄養機能食品の表示も無かったので一瞬疑ってしまいました。
パッケージにも記載した方が消費者としては安心できるのかなと思います。

果たして持ち運びに便利なのか?

ママナチュレ葉酸サプリと愛され葉酸のパッケージ比較
公式サイトを見るとこのパッケージを選んだ理由として「持ち運びにも便利」とありましたが、持ち運びという面を強調するのであれば、愛され葉酸の方が同じ紙袋タイプでも小さいです。

ママナチュレ葉酸サプリとベルタ葉酸とママニック葉酸
また、むしろ大きさとしてはベルタ葉酸ママニック葉酸のようなボトルタイプの方が持ち運びやすいのではないのかな?と思いました。

どんな味・匂い?カプセルの大きさは?

ママナチュレ葉酸サプリのカプセル

ママナチュレ葉酸サプリでは天然由来成分が使用されていないため、匂いは殆ど無く無臭と言っていいほどのレベルです。

同じピニトールを配合させたベジママはかなり匂いがキツいのに対し、ママナチュレ葉酸サプリは匂いも気にならないため、飲みやすさという点ではママナチュレ葉酸サプリの方に軍配が上がると思います。

カプセルの大きさはベルタ葉酸やママニック葉酸と同様に0.9cmのため、特に違和感を感じません。カプセルの色は真っ白でした。

ママナチュレ葉酸サプリの賞味期限は?

特に公式サイトなどに記載はありませんが、他の葉酸サプリと同様開封から2年以内といったところだと思います。
パッケージにも賞味期限の記載があるため、そちらが正しい賞味期限となります。

ジッパー付きの紙袋なので、開封後は酸化しないようにしっかりとジッパーを閉めましょう。

ママナチュレ葉酸サプリの原材料は安全か

ママナチュレ葉酸サプリのパッケージ裏面

ピニトール、ルイボス末、大豆イソフラボン、マカ末、乳酸菌(殺菌)、ザクロエキス(エラグ酸含有)、国産野菜ミックスパウダー、沖縄島野菜ミックスパウダー、コラーゲン(魚由来)、エラスチン、鶏冠抽出物(ヒアルロン酸含有)、セラミド、ツバメの巣エキス末、食用酵母(亜鉛、銅、セレン含有)、食用酵母(マンガン、クロム、モリデブン含有)/貝殻焼成カルシウム、セルロース、クエン酸第一鉄、二酸化ケイ素、ステアリン酸カルシウム、葉酸、ヘマトコッカス藻色素(アスタキサンチン含有)、L-シスチン、ビタミンK、ビタミンP、硫酸マグネシウム、塩化カリウム、塩化ナトリウム、ヨウ素、リン酸カルシウム、L-バリン、L-ロイシン、L-イソロイシン、ビタミンC、ナイアシン、ビタミンE、パントテン酸カルシウム、ビタミンB6、ビタミンB2、ビタミンB1、ビタミンA、ビタミンD3、ビタミンB12、セラミック

天然由来成分ではなく化学合成成分で作られています。
注目は何といってもベジママと同様にピニトールを配合させていることですが、アイスプラントを原料としているベジママに対して、ママナチュレ葉酸サプリはイナゴマメというマメ科の植物を原料としていることが相違点です。

他にもマカ、ルイボス、ザクロ、イソフラボンなどを配合させているのもポイントです。
それらの成分は女性ホルモンに関与する作用があるため、他の葉酸サプリよりも生理不順などを改善し妊娠しやすい体質にしてくれることが期待できます。

その反面、過剰摂取をしてしまったり、すでに産婦人科などでホルモンに関する薬を飲んでいる場合はホルモンバランスを乱す可能性もあるため注意が必要するようにしましょう。

まや、乳酸菌も配合されているため、腸内環境を整える効果なども期待できます。

栄養成分表記

エネルギー:0.94kcal、タンパク質:0g、脂質:0g、炭水化物:0.23g、食塩相当量:0.66g

3粒あたりの栄養成分表記です。
こちらには記載されていませんが、葉酸400㎍、鉄10mg、ピニトール300mg、マカ300mgが公式サイトのページには記載されています。

原材料を見る限りカルシウムも配合されていますが、公式サイトには残念ながら記載されていません。

注目はやはりピニトールで300mgという配合量はベジママの260mgよりも40mg多いということで実質現在日本一ということになります。

成分から見るママナチュレ葉酸の効果

  • 胎児の先天性異常リスク軽減
  • 多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の改善・予防
  • 腸内環境の改善と便秘予防
  • ホルモンの分泌を整え生理不順を改善
  • 貧血体質の改善

ママナチュレ葉酸サプリに副作用はある?

私が試しに飲んでみたところ、特に変わった症状が出たということはありません。
ただし、上記でも書きましたがマカやイソフラボンなど女性ホルモンに関わる成分が配合されているため、すでに病院でホルモンに関する薬を飲んでいる場合は控えるか、医師に相談することをおすすめします。

【関連記事】:産婦人科で処方される葉酸サプリについて医師に聞いてみた

脂溶性ビタミンについて

ママナチュレ葉酸サプリには過剰摂取が心配されるビタミンAも配合されていますが、公式サイトにも1粒あたり0.4㎍、つまり3粒で1.2㎍となるため、推奨摂取量を守っていれば特に過剰摂取になる心配はないです。

どこで売っている?販売店は?

ママナチュレ葉酸サプリは現在インターネット通販のみでの販売となっています。
公式サイト以外ではamazonでもメーカー直販で購入可能です。

ただし定期便での販売は無く、単品での販売となり7980円(税抜)と割高のため、あまりおすすめはしません。
※楽天やYahooショッピングは現在販売されていません。

私の評価とママナチュレ葉酸サプリがおすすめの人

あまりおすすめできない個人的には味などは飲みやすかったのですが、価格設定が高いというのが気になりました。

また、マカやイソフラボンなど女性ホルモンに関わる成分が入っているにも関わらず、返金保証が無い、定期便に6回の縛りがあるというのは消費者としてだいぶ不安材料を感じてしまいます。
サプリメントとは言え体に合わないということも十分に考えられますよね。

  • 多嚢胞性卵巣症候群と診断された方
  • 葉酸の他にマカやルイボスなども摂取したい方
  • 飲みやすい葉酸サプリを選びたい方

上記のような方はママナチュレ葉酸サプリがおすすめかと思います。
是非参考にしてみてください。

天然由来成分 安全性 妊娠力UP効果 産後までの必要性 コスパ 返金保証
C
すべて合成の栄養成分
A
国内有数のGMP認定工場で開発
B
ピニトールでPCOS改善
B
マカやイソフラボンの過剰摂取に注意
A
1日あたり約143円
C
無し
ママナチュレ葉酸の公式サイトへ

ベルタ葉酸