妊活サプリの教科書
> イソフラボンサプリの妊活への効果とおすすめランキング

イソフラボンサプリの妊活への効果とおすすめランキング

イソフラボンサプリの妊活への効果とおすすめランキング

妊活のための栄養素と言うと葉酸やマカをイメージする方が多いと思いますが、実はイソフラボンも妊活には効果のある栄養素です。
また、イソフラボンと聞くとバストアップなどの美容効果や更年期症状への効果をイメージする方も多いようです。
ここではイソフラボンの妊活への働きやおすすめのイソフラボンサプリを紹介します。気になる方は是非チェックしてみてください。

大豆イソフラボンとは?

妊娠体質にすることに大きく関わっているのが女性ホルモンと呼ばれるエストロゲンとプロゲステロンです。

エストロゲン 卵胞ホルモンとも呼ばれ卵胞の成熟、排卵促進、子宮内膜の増殖といったことに関わる
プロゲステロン 黄体ホルモンとも呼ばれ性周期を整えたり、妊娠持続を助ける働きをする

この女性ホルモンであるエストロゲンにイソフラボンは似た分子構造をしているため、摂取することでエストロゲンの不足を補うと言われています。

豆知識
イソフラボンと言えば更年期症状の改善をイメージする方は多いですが、実際エストロゲン不足で起きる更年期症状への効果は医学的にも認められていて、多くの医療機関でも「補完医療」としても推奨されています。

イソフラボンには2種類ある

実はイソフラボンと言っても以下の2種類が存在します。
アゴリコン型イソフラボン
グリコシド型イソフラボン

体内への吸収効率が良いのがアゴリコン型のイソフラボンです。
大豆に含まれるイソフラボンの分子には「糖」が付着していて体内への吸収率が悪いとされていますが、それを麹菌発酵させ体内に吸収しやすくなっているのがアゴリコン型のイソフラボンです。大豆食品でアゴリコン型になっているのは味噌だけのため、イソフラボンはサプリメントからの摂取が最も効率的とされています。

イソフラボンサプリの効果とは?

イソフラボンの妊活への効果をまとめると以下の通りです。

  • ホルモンバランスを整える
  • 血流を改善して冷え性を予防する
  • 抗酸化作用が強くアンチエイジング効果がある
  • 受精卵の着床を助け不妊体質の改善

ホルモンバランスを整える

上記でも解説しましたが、イソフラボンはエストロゲンと似た働きをするため、ホルモンバランスを整える働きをします。「整える」という言葉通り、イソフラボンは一方的に作用し続けるのではなく、エストロゲンが不足している場合は補い、過剰な場合は抑えるといった働きをします。この効果によって生理不順などが改善し妊娠しやすい体質へと変化させてくれるのです。

血流を改善して冷え性を予防する

冷え性の女性アゴリコン型のイソフラボンには血液の流れをサラサラにする働きがあるため、血行を促進し代謝を上げ、冷え性を予防すると言われています。
また、子宮へ血液が流れる量も増えることが確認されており、子宮機能を活性化させ妊娠力をアップさせる効果が期待できます。特に冷え性の方は子宮の血流も悪いと推測されているため、冷え性を改善することは妊活において大事なことなのです。

抗酸化作用が強くアンチエイジング効果がある

イソフラボンと言えば美容効果をイメージする人も多いですが、それがこの抗酸化作用によるものです。特にアゴリコン型のイソフラボンは高い活性酵素除去作用があるため、細胞の1つ1つに働きかけ、バストアップや美肌効果といったアンチエイジング効果を発揮します。
また、現代社会ではストレスや食生活の乱れから体内には多くの活性酵素を発生させてしまっています。活性酵素は生殖機能を低下させ、不妊の原因となるため普段から意識しておくことで妊娠しやすい体に近づけることができます。

受精卵の着床を助け不妊体質の改善

コウノトリアゴリコン型のイソフラボンには子宮内の血流を良くするだけでなく、子宮内膜の細胞にも直接働き、着床に必要な体内物質を分泌して妊娠をサポートする効果があります。
着床に必要な体内物質を「サイトカイン」と呼びますが、サイトカインは「リフ(LIF)」「トランスフォーミング成長因子β(TGF-β)」から成り立っていて、受精卵の発育を助けたり着床を促進する働きがあります。

イソフラボンサプリによくある質問

イソフラボンサプリに副作用はありますか?

健康食品のため基本的に副作用はありません基本的に医薬品ではないためイソフラボンサプリでの副作用はありません。
ただしどの食品であっても過剰に摂取すると体調不良を起こす可能性はあるため、サプリメントのパッケージに記載してある目安量を守って飲むようにしましょう。また、万が一イソフラボンサプリを飲んだことによりアレルギー症状が出た場合は摂取をやめましょう。

妊活のためには1日どれくらいの量を摂取すればいいですか?

1日の摂取量が70~75mg、サプリは30mg厚生労働省からは1日の摂取量が70~75mg、サプリメントで摂取する場合は30mgが望ましいとされています。日本人の大豆イソフラボンの1日平均摂取量は16~22mgと言われているため、実際普段の食生活では不足しています。そのためイソフラボンサプリなどで補って始めて妊活に必要な量を補えるということになります。

妊娠中もイソフラボンを摂取しても大丈夫ですか?

安定期に入る頃を目安にしましょう。安定期に入る頃(8~12週目)くらいまでを推奨します。
大豆イソフラボンは妊娠中に過剰に摂取してしまうとホルモンバランスが乱れ、赤ちゃんの発育に影響してしまう可能性もあります。心配な方は妊娠が発覚した時点で摂取をストップすることをお勧めします。

漢方やピルとの飲み合わせも大丈夫ですか?

漢方はOK、ピルはNGです漢方との飲み合わせについては基本的に問題ありません。むしろ漢方の種類によっては相性が良いものもあるようです。もし併用が心配な方は産婦人科の医師に相談してみましょう。
ピルに関してはNGです。ピルも女性ホルモンに関わるため、同時に摂取してしまうとホルモンバランスを崩してしまう可能性が高いです。ピルとイソフラボンサプリの併用は避けましょう。

イソフラボンサプリのおすすめランキング

第1位

イソラコン葉酸400㎍プラス

イソラコン葉酸400㎍プラス

イソラコン葉酸400㎍プラスの特徴
  • 全国200以上のクリニックでも使用
  • モノグルタミン酸型の葉酸400㎍配合
  • 吸収力3倍以上の麹菌発酵アグリコン型イソフラボン
価格 評価 備考
3,650円(税込)※定期便初回価格 ★★★★☆ 全国送料無料

イソラコン葉酸400㎍プラスの総評

イソフラボンサプリで妊活のためにおすすめなのがこの「イソラコン葉酸400㎍プラス」。イソフラボンの研究を25年以上も続けるニチモウバイオテクスのイソラコンというイソフラボンサプリに葉酸を配合した妊活のためのサプリメントです。全国200以上の医療機関で使用されていることからもその効果や安全性も実証されています。

第2位

ママジュンビー

ママジュンビー

ママジュンビーの特徴
  • サプリメントアドバイザーが開発
  • 高吸収型イソフラボン「アグリマックス」配合
  • 安心の14日間返金保証
価格 評価 備考
2,980円(税込)※定期便初回価格 ★★★☆☆ 全国送料無料

ママジュンビーの総評

サプリメントアドバイザーが開発した妊活サプリメント「ママジュンビー」。麹菌発酵で開発された高吸収型イソフラボンのアグリマックスを配合させていることを強みとしています。また、マカやルイボスを配合させていることも人気のポイントとなっています。

第3位

美人通販の葉酸

美人通販の葉酸

美人通販の葉酸の特徴
  • 産婦人科出身の管理栄養士が開発
  • アグリコン型イソフラボンも配合
  • 鉄やビオチンも配合
価格 評価 備考
540円(税込)※定期便初回価格 ★★★☆☆ 全国送料無料

美人通販の葉酸の総評

管理栄養士が開発したとされるサプリメント「美人通販の葉酸」。どちらかというと葉酸サプリの系統が強いアイテムですが、アグリコン型イソフラボンも配合。また、鉄やビオチンも配合しているため、豊富な栄養素が一度に補えます。ただし1つ1つの栄養素の配合量が少ないのが気になるポイントです。


はぐくみ葉酸