妊活サプリの教科書
> > 排卵検査薬で陽性反応!妊娠しやすいタイミングは?

排卵検査薬で陽性反応!妊娠しやすいタイミングは?

排卵検査薬で知る妊娠しやすいタイミングは?

妊娠するためには性交のタイミングはとても重要。性交のタイミングを考えず、なかなか妊娠できないと思ってしまっている人もいます。
妊娠のタイミングは1カ月の中でもたった数日間です。
その貴重な数日間をどのように予測するのか、排卵検査薬を利用するときの方法など、妊娠しやすいタイミングを知る方法を解説したいと思います。

妊娠のタイミングを計算しよう

妊娠のタイミングの計算方法を知るためには生理のメカニズムについて知っておかなければなりません。
まず生理が始まった日からご説明しましょう。

生理が始まると卵胞期が始まります。卵胞記には卵胞が優位に分泌され、排卵の準備をしていきます。

そして排卵は生理1周期に1回のみ、原則的には卵子が1個排出されますが、卵子の寿命は24時間程度で受精可能な時間は更に短い6~8時間とも言われているのです。
そのため卵子が分泌されたタイミングで精子が子宮付近に存在していることが必要になります。

排卵日から次の生理までは黄体期と言われ、黄体ホルモンが優位に分泌される時期です。
この時期は子宮内に受精卵の着床する、いわゆるベッド作りの期間とも言われています。

そしてこの期間は誰でも約14日間と言われているのです。
つまり逆算すると生理周期が30日の人の場合、30-14=16。
生理開始日から16日後に排卵日を迎えるということになります。

28日周期の人なら、28-14=14。
生理開始から14日後に排卵日を迎えるのです。
ただしこの計算は生理周期が安定している人に当てはまる計算であり、生理周期が30日のときもあれば25日のときもあるという不安定な人は正確とは言い切れないわけです。

基礎体温の重要性

いつも安定した生理周期の人は、意外と少ないと思います。
そこで基礎体温が重要となってくるのです。

生理周期が安定している人でもハンでついたように、ぴったり生理周期が決まっている人は少ないのではないはず。
そのため安定している人でも確実な排卵日を予測するためには、基礎体温を付けることが基本なのです。

卵胞期は体温が低く、黄体期になると体温がグーンと高くなります。
つまり低温期から高温期に移る境目のときに、より体温が低下する日があり、この日こそ排卵日のサインと言われているのです。
この日を入れて前後1~2日で排卵が起こると言われています。

一般の体温計では駄目なの?

測るのは同じ体温ですが、基礎体温は一般の体温計ではその違いがはっきり出ないほど、微妙な体温です。
そのため体温計であっても微妙な変化まで細かく測れる、基礎体温計が必要となります。

また、少しの変化なので、体調などによって大きく変動してしまうこともあります。
しかし3か月程度基礎体温を付けていると、自分の生理メカニズムが見えてきます。

正常な場合は折れ線グラフを付けていくと、高温期と低温期がはっきり二分されています。

また、高温期と低温期の差があまりない女性もいます。
このように高温期と低温期の差が少なかったり、入り乱れているような状態が2~3カ月続くようであれば、女性ホルモン分泌に何か問題があったり、婦人科系の病気があるかも知れません。
すぐに病院に数ヶ月分の基礎体温のグラフを持って相談に行くといいでしょう。

排卵検査薬について

妊娠検査薬

基礎体温を付けて排卵日を予測していっても、なかなかうまくいかないという場合は排卵検査薬を使用してみましょう。
いつもわたしたちの尿の中には人黄体形成ホルモン(LH)が排出されています。

排卵する直前に排卵検査薬によってこのホルモンの検出が急増。
この増加状態をLHサージと言い、LHサージ濃度がピークになると24時間以内に排卵が起こると言われています。

排卵検査薬をある程度予測を立てた数日間連続して使うと濃度のピークを知ることができ、高い確率で排卵日を予想することができるのです。 

排卵検査薬の購入や価格について

スティック型の検査薬タイプが一般的ですが、尿をかけると陽性や陰性のサインが出て分かるようになっています。
購入は薬局で売っていますが、薬剤師とのやり取りが必要となることが多いようです。
通販の場合はそのようなことはなく購入できます。

価格的には国産の排卵検査薬は大体7日分で3000円程度です。
つまり1本430円程度となります。
しかしアメリカ製や中国製のものでは7日分で500円程度のものもあり、1本あたり70円程度。特に体内に入れるものではないので、国産に拘らなくても安心して使えます。 

排卵検査薬の使用法について

排卵検査薬はまず自分の生理周期から排卵日の予測をする必要があります。

排卵日計算法と基礎体温を付けて、排卵予測日の4~5日前から同じ時間に同じタイミングで使用。
検査薬に尿を付けると陰性、陽性の反応が出ます。
反応状態は商品によっても違うのでよく説明書をチェックしておきましょう。

もし陽性が出た場合は、それから48時間以内に排卵をすると考えられるのです。
陰性から陽性に変わる前後に性交をすることで、妊娠率は高まると言われています。

つまり5~6日間、排卵予想日前後で毎日使うことではっきり陰性から陽性に変化したことが分かるので、陽性になるまで使用することになります。

1周期に数日間続けて使うことがポイントです。そのためにも安いものを選ぶと安心して使えると思います。
また、尿を取るために紙コップを使う人が多いようですが、プラスチック製のコップならゴミも出ずに使い回しもできて便利です。

検査薬で排卵日チェックのポイント

排卵検査薬で排卵日をバッチリ見つけるためには、基礎体温との連携で考えていきましょう。
基礎体温によって排卵日を絞り込み、そこで排卵検査薬を使うことで確率良く排卵日を知ることができます。また排卵にはタイプがあります。

排卵検査薬を使っていると、自分はどのタイプかも見分けることができるため、より確実に排卵日チェックができるようになるのです。

排卵には3つのタイプがあります。

Aタイプ 排卵してから2~3日して高温期に入る女性
Bタイプ 排卵して翌日にはもう確実に高温期に変わる女性
Cタイプ 体温が高くなってから2~3日で排卵する女性

例えばAタイプとCタイプでは、予測は大きく違ってしまうことにもなりかねません。
しかし基礎体温と排卵検査薬の両方を使うことで、自分がどのタイプかも分かってくるので、それに合わせてタイミングを計ることができます。

この違いは体に問題があるのではなく黄体ホルモンに対する反応がとても早い人、普通の人、とても遅い人という個人差があるためなのです。

タイミングを狙って性交をしたら妊娠の可能性は高くなる

排卵してしまったら数時間しか受精の可能性はないので、排卵の2~3日前から性交するとベストタイミングを狙えます(精子は3~5日程度の寿命があるので)。
つまり性交した4日後ぐらいまでに排卵すれば、妊娠の可能性は非常に高くなるわけです。

そして無事受精した受精卵は、しっかり着床しなければ妊娠できません。
そのため受精してから着床するまでの期間は重要な期間となります。
この間はあまりお腹に力を入れるようなことをしないこと。またストレスを抱えないことが大切なのです。

着床力を上げるためにも普段から妊娠しやすい体質にすることを心掛けましょう。

【関連記事】受精卵の着床力を上げたい人のサプリの選び方

そこで少しの期間は性行為の回数を抑えたり、激しい運動を避けることもあります。
そしてアロマ風呂などを利用したり、好きなことをしてストレス解消に努めましょう。
生理が来れば確実に妊娠していなかったことが分かるので、それまでは少し注意したいものです。


ベルタ葉酸