妊活サプリの教科書
> > 医薬品とサプリメントの違いと保健機能食品表示について

医薬品とサプリメントの違いと保健機能食品表示について

医薬品とサプリメントの違いについて

「医薬品とサプリメントの違いを教えてください」
そういった質問を見かけることがあります。
形は似ているものの、薬事法でしっかりとカテゴリを分けられているため、サプリメントと医薬品の立ち位置はまったく違います。
わかりやすく言うと医薬品はその名の通り治療を目的とした「薬」、サプリメントは健康を維持するための「食品」という立ち位置なのです。
ここではそのサプリメントと医薬品の違い、メリットデメリットなどを解説していきます。

服用方法や配合成分に規定があるかないか

まず決定的に違うのが服用方法です。医薬品は薬事法により服用方法が定められていますが、サプリメントは定められていません。
また、逆にサプリメント側がパッケージなどに服用方法を記載するのも薬事法により禁じられています。
それから医薬品は製品に含まれる成分にも規定がありますが、サプリメントは同じ主成分の製品であってもメーカーごとにその含有量にも違いがあるのです。

そのため、消費者がサプリメントを購入する際は自分で最適なものを選ばなければいけません。パッケージを見て原材料などをチェックし、自分の補いたい栄養素がしっかり配合されているか、余計な添加物は配合されていないかなどを確認して購入することが必要なのです。

医薬品とサプリメントのメリットデメリット

医薬品とサプリメントにはメリットデメリットがあります。ここではその長所と短所を紹介します。豆知識として知っておくと選ぶ際の基準にもなります。

医薬品のメリット

・信頼できる原材料を使用して作っている
・効果効能が明確に記載されている
・治療に十分な栄養素が含有されている

医薬品のデメリット

・使用されている原材料は基本的に化学合成成分
・添加物の配合量が多いものもある
・単品の栄養素が主流のため複数の栄養を一度に摂れない

医薬品は治療に使用されることが多いため、薬事法で定められた成分量を満たしているため、サプリメントよりも効果が高いです。
その反面、マルチビタミンのような複数の栄養素を配合しているわけではないため、同時に様々な栄養素を補えるわけではありません。

サプリメントのメリット

・医薬品にはない天然由来成分がある
・多種類の栄養素を組み合わせたものがある
・病気がなくても摂取できるため健康維持のために飲むことができる

サプリメントのデメリット

・メーカーによって品質レベルに差がある
・薬事法の規制があり効果効能が謳えない
・摂取方法の明確な記載ができないためわかりにくい

サプリメントは複数の栄養素を組み合わせて配合することができます。そのため1種類で様々な栄養素を補うことが可能です。
しかし市場には様々なサプリメントが溢れているため、品質レベルにはバラつきがあります。そのため中には低品質なものもあるため、サプリメントの良し悪しを見極める知識も多少必要になってきます。

サプリメント、つまり健康食品には「保健機能食品制度」というものが存在します。知っておくと選ぶ際の基準になる可能性はあるので参考までにご紹介します。

保健機能食品制度とは?

保健機能食品制度は厚生労働省が2001年の4月から始めた制度です。保健機能食品には2つの種類に分けられており、パッケージに表示されています。

日本のサプリメントに関する法律

特定保健用食品(トクホ)

日本人を被験者とした臨床実験を医薬品レベルで行い、有効性が証明されたことにより効果効能を表示して販売することができるのが「特定保健用食品」、世間で「トクホ」と呼ばれる健康食品の中でも特別な位置づけの商品です。メーカーにとってはコストが掛かります。※1991年から開始。

栄養機能食品

製品に記載された1日の成分の摂取量が国の定めた基準値内であれば、厚生労働省の審査を受けずに製品にラベルをつけることが可能です。ただし機能の表示をするには注意喚起表示等を記載することが義務づけられており、ビタミン12種類とミネラル5種類のみが対象です。2001年から開始。

健康補助食品

健康補助食品または栄養補助食品と呼ばれます。(財)日本健康・栄養食品協会であるJHFAが審査をして認定した商品。認定された商品はJHFAのマークが表示されています。

トクホだから効果が高いというわけではない…

最初に言っておくとCMなどでもお馴染みのトクホ(特定保健用食品)だから効果が高いということにはなりません。信頼性という面では良いかもしれませんが、だからと言って栄養機能食品の方が効果は出にくいということにはならないのです。
特に“治療”が必要な症状や悩みであれば個人では判断をせず、病院に行って医師の診断を受けましょう。


ベルタ葉酸