妊活サプリの教科書
> > 葉酸サプリはいつからいつまで摂取するべきか?

葉酸サプリはいつからいつまで摂取するべきか?

葉酸サプリはいつからいつまで摂取するべきか?

赤ちゃんの健康のために葉酸サプリの存在を知り、摂取を考えている人も少なくないかと思いますが、そこで気になるのがいつからいつまで飲めばいいのかということ。
「葉酸サプリって妊娠したら飲めばいいの?」
「妊娠して葉酸サプリを飲んでいるのだけどいつまで飲めばいいの?止め時は?」
実はこういった声がメーカーの問い合わせに届くことが多いのです。
そこでここでは葉酸サプリの摂取期間について詳しく解説していきます。

妊活中から飲むのが理想的

夫婦ずばり、葉酸サプリは妊活を始めた時から飲み始めるのが理想です。(もっと言えば葉酸自体はすごくカラダに良い栄養素なので半永久的に摂ることが一番ではありますが…)

葉酸サプリのメイン栄養素でもある葉酸は胎児の健康のために重要な栄養素です。ママの体から葉酸が不足してしまうと中枢神経系の病気「神経管閉鎖障害」を引き起こす原因にもなってしまいます。
この障害が発生するようになるのは細胞分裂が活発になる妊娠4週目くらいまでの期間。自身が妊娠を自覚し、産婦人科で妊娠が成立するお知らせを受ける頃には胎児の脳がほぼできあがる妊娠5~6週目になっていることが多いのです。妊活中からの葉酸の摂取を強く推奨されるのはそこに理由があるためです。

【参考記事】:葉酸の妊活・妊娠への効果とは

妊娠~授乳期まで飲むことをおすすめ

お腹の赤ちゃんの発育にも影響が…妊活時期に葉酸を摂取することの大切さを上記では解説しましたが、“妊娠したから葉酸サプリからは卒業”というのは実はまだ早いのです。
葉酸には造血作用あるため、貧血予防や血行促進といった効果が期待できます。妊娠中や授乳期にはママ自身に多くの血液が必要になるため、妊娠後も摂取すべき栄養素です。
また、メーカー規格にもよりますが葉酸サプリには鉄やカルシウムといった様々な栄養成分が配合されているため、そういった栄養素は妊娠期や授乳期のママのカラダをサポートしてくれます。

妊活サプリにはマカサプリイソフラボンサプリといった他のタイプも存在しますが、葉酸サプリは妊活だけでなく妊娠期や授乳期にも摂取できる万能型のサプリメントと言えます。

葉酸サプリの配合成分から見るそれぞれの時期の役割

葉酸サプリには葉酸以外にも様々な栄養成分が配合されていますが、その代表的な成分からそれぞれの時期にどんな効果をもたらすのかを紹介します。以下はほんの一例です。

妊活期

葉酸 胎児の神経管閉鎖障害など先天性異常のリスク軽減効果を果たします。また、葉酸はDNAとたんぱく質を合成する核酸の生成に深く関わるため、健全な精子や卵子のためにも必要です。この時期から摂取しておくことで流産や早産予防にも効果的。
ビタミンE 抗酸化作用が強く、またホルモンバランスを整える効果があるため生理不順・卵子の老化予防・流産や早産の予防に働きます。
ビタミンA 胎児の細胞分裂を活性化させて発育のサポートをします。また粘膜を健全に保つ働きがあるため子宮内膜の強化をして着床しやすい環境を維持します。

妊娠初期

葉酸 妊活期同様に胎児の発育をサポートします。またビタミンB12と組み合わせることにより造血作用が高まり貧血予防・血行促進などに働きます。
ビタミンB6 たんぱく質とアミノ酸の分解に関わるビタミンB6には悪阻を軽減させる働きがあります。また、妊娠高血圧症候群の改善も期待できます。
ビオチン 妊娠中に不足してしまうと胎児に奇形が起きる可能性があると言われています。また皮膚や筋肉の生成もサポートします。

妊娠中期

カルシウム 赤ちゃんの骨や歯を作る原材料になります。赤ちゃんの骨や歯はママのカラダの骨から溶けたカルシウムから作られるため、ママ自身がカルシウム不足にならないようにしましょう。
ビタミンB群 葉酸をはじめ、ビタミンB6やビタミンB12など脳の情報伝達にも関わるため、ママだけでなく赤ちゃんの心の安定にも効果があると言われています。
ビタミンC 妊娠中期からはお腹も大きくなりはじめるため、妊娠線対策としてもビタミンCは働きます。ビタミンCは肌の弾力を維持し、肌トラブルを防ぐためにも利用させることの多い成分です。

妊娠後期

乳酸菌 妊娠中はホルモンバランスが崩れることで便秘になりやすいため、腸内環境を整えてくれる乳酸菌は重要です。また、免疫力も向上するためママや赤ちゃんの健康のためにも働きます。
ビタミンC ビタミンCも免疫力アップ効果があります。また、抗酸化作用が高く活性酵素の除去にも働くため、ストレス対策としても効果的です。
鉄にはヘモグロビンの成分として酵素を運ぶ働きがあるため、不足してしまうと血行不良になってしまいます。貧血になりやすい妊娠中は特に重要な栄養素です

授乳期

葉酸 良い母乳を赤ちゃんにあたえるにはママ自身に多くの血液が必要です。そのため造血作用がある葉酸は出産後の授乳期にも大きな役割を果たします。
カルシウム 良質な母乳のもう1つのポイントがカルシウムです。また、産後は育児でストレスが溜まりやすいため、カルシウムが不足してしまうとイライラなどメンタル面でも不安定になります。
母乳を生成するには多くの血液が必要であり、またそれを運ぶためにも多くの血液が必要です。赤血球を生成する鉄は授乳期でも大きな役割を果たします。

長く飲むことを考え続けやすいサプリを選ぼう

生活に無理のない価格で選ぼうここまで解説した通り葉酸サプリはサプリメントとしては非常に万能で、妊活だけでなく出産後まで利用することができます。そのため選ぶ際は長く続けることを考え、

・味や匂いが飲みやすいこと
・生活に無理のない価格のものを選ぶこと

が重要になってきます。
また、栄養成分もメーカーによっては配合されていないものもあるので、事前にしっかりチェックしてコスパの良いものを選ぶことをおすすめします。

>>葉酸サプリメーカーの比較一覧表はこちら


ベルタ葉酸