妊活サプリの教科書
> > 妊娠後期に葉酸サプリを飲むと小児喘息になるの?

妊娠後期に葉酸サプリを飲むと小児喘息になるの?

妊娠後期に葉酸サプリを飲むと小児喘息になるの?

妊娠希望期間~妊娠中~授乳期まで、葉酸は絶対に必要なビタミンであり、不妊、流産、奇形児などの予防にもとても重要だと言われています。これは厚生労働省からも推奨されており、母子手帳にも書かれています。
しかし、妊娠後期に葉酸の摂取によって赤ちゃんが小児喘息になるという噂があります。この真意はどのようなものなのでしょう。

妊娠後期の葉酸と小児喘息について

実は葉酸を妊娠後期まで摂取していると小児喘息になるのでは?という噂があります。
それはオーストラリアのアデレード大学研究チームが2009年に、

妊娠後期(16週~30週)に入っても葉酸サプリを摂取し続けた女性で、生まれた子どもがぜんそくを発症する確率が約30%高くなることがわかった。

と発表しており、このことから妊娠後期に摂取すると小児喘息になる可能性があるという噂が広まったと言えます。

発表されたのは一度だけ

上記のような流れからそういった噂が広がってしまいましたが、実際それ以降は妊娠後期の葉酸サプリ摂取による小児喘息の件は発表されていません。そのため、妊娠後期に飲んだからと言って必ず小児喘息になるというわけではないですし、確率的にも低いと言えます。
また、上記の報告は海外のもので日本ではそういった例も出ていません。

葉酸サプリの重要性

ホウレンソウ葉酸は造血にも携わっているビタミンであり、ヘモグロビンを作るためにビタミンB12やビタミンB6と共に重要なビタミンです。妊娠中は胎児の成長のためにも、栄養素の濃い血液が大量に必要になります。
そして酸素を胎児に送るのもまた血液は重要なのです。もしヘモグロビンが減ってしまうと胎児の成長にも大きく影響し、母胎は妊娠性貧血に陥ることにも。そんなことがないためにも葉酸は重要なのです。

葉酸以外の栄養素も多く含まれている

メーカーにもよりますが、葉酸サプリとして摂取している場合は葉酸以外の栄養素も含まれている可能性があります。特に鉄やカルシウムも含まれているタイプであれば妊娠期間だけでなく産後にも必要な栄養素のため、是非摂取を続けることをおすすめします。

【関連記事】:葉酸サプリの妊活・妊娠への効果とおすすめランキング

葉酸サプリの過剰摂取について

1日の摂取目安量を守って飲みましょう妊娠には葉酸がとても重要です。そのため普段なら男性も女性も一日の推奨量は240㎍となっていますが、妊娠準備期間や妊娠中の場合、男性は240㎍ですが、女性の一日の推奨量は400㎍必要となります。これは厚生労働省の推奨量なのです。そして上限は1,000㎍となっています。

確かに上限を超える数値の葉酸を摂り続けることは、小児喘息だけでなくいろいろな影響があると言われています。そのため400㎍は欲しいけれども、1,000㎍以上にはならないようにということが言われているのです。例えば葉酸サプリでは葉酸の1日分の摂取量が400㎍以上のものはありません。もちろん400㎍配合されていても吸収される分はもっと低くなります。

そして食事でも葉酸を意識的に摂ることも考えて食べたとしても、実質摂取量が1,000㎍を超えることはまずありません。ただしサプリを3日分も4日分も1日で飲むようなことがあれば、当然過剰摂取になります。そのためサプリの場合は1日分の目安量をしっかり守ることが大切です。

【関連記事】:葉酸サプリの効果を出す飲み方や摂取時間とは?

妊娠中の葉酸サプリの考え方

妊娠中でなくても、普通のときに飲むサプリであっても、サプリはあくまでもきちんと食事をする努力をした上で摂取するものです。サプリがあれば、適当な食事でも良いということではありません。妊娠中の葉酸サプリの考え方も同じです。しかし妊娠中は悪阻などで、葉酸がとても重要でありながら摂れない時期もあります。そんなときでもせめて不足しないようにフォローしてくれるのが葉酸サプリです。

そのため食事が摂れる状態になれば、しっかり栄養のバランスの良い食事を摂る努力をし、その上で葉酸サプリを摂るようにしましょう。多くの葉酸サプリは葉酸だけでなくマルチビタミン&ミネラルや、妊娠中に特に必要なカルシウムや亜鉛、鉄分、ビタミンB群などと一緒になっているものが多いようです。

国産で天然由来成分の葉酸サプリを選ぼう

天然由来成分がおすすめ日本では小児喘息の報告も出ていないということからやはり葉酸サプリを選ぶ際は国産でなおかつ安全な天然由来成分のタイプを選ぶことをおすすめします。特に最近の天然由来成分の葉酸サプリは放射能検査や残留農薬度検査も行っているものが多く、安心して飲むことができます。


ベルタ葉酸