妊活サプリの教科書
> > 不妊治療のための産婦人科やクリニックの選び方

不妊治療のための産婦人科やクリニックの選び方

産婦人科やクリニックの選び方について

不妊治療をしようと思ったときには、やはり自分に合った産婦人科やクリニックを選ぶことも大切です。
どのようなことをポイントに選ぶのか。費用面、信頼面などいろいろな部分をチェックして、自分に合った病院を選ぶようにしたいものです。
ここでは産婦人科やクリニック選びについて参考になることを考えていきましょう。

夫婦で一緒に調べよう

不妊治療は夫と2人で一緒に行うことが大切であり、病院探しも基本的には夫婦で行うようにしたいものです。
産婦人科やクリニックに最初に行くときには女性だけではなく夫婦で行くようにして、夫婦で行うことが重要だという意識を夫にも持ってもらうようにしましょう。

産科・婦人科・不妊専門クリニックは何基準で選べばいいの?

20代の若い夫婦の場合

女性の年齢が若い場合は、まず近くの産婦人科やクリニックへ行かれることをおすすめします。
特に年齢が若い場合は検査の結果にもよりますが、難しい不妊治療をしないことが多いので、自宅の近くや仕事場の近くで通いやすい産婦人科やクリニックを選びましょう。

また、年齢が若い場合は精神的にもそこまで妊活でストレスが溜まっている状況では無いため、赤ちゃんやお腹の大きな妊婦さんたちがたくさん来る産婦人科でもつらい思いになることもなく、逆に妊娠に期待と希望を持つメリットとなる可能性もあります。

30代後半からの高齢夫婦の場合

30代後半から40代の場合は不妊治療をすぐに行うようになりますが、タイミング法だけではなく人工授精や体外受精になる可能性も高くなります。

また、近くの産婦人科などでは、生まれたばかりの赤ちゃんや妊婦さんたちも多く目にするため、それが焦りの原因となりストレスになってしまうこともあります。
そういう意味からも、大きな病院の不妊科や不妊専門病院がおすすめです。

大きな病院・クリニック・不妊専門病院のメリット

大学病院や総合病院など大きな病院、個人のクリニック、不妊専門病院とではどのような違いがあるのでしょう?

個人クリニックの場合

個人クリニックは先生との意思疎通がしやすいというメリットがあります。
しかし、すぐにでも検査をして不妊治療を始める場合は、大きな病院の方がスムーズに行く可能性があります。

やはり個人クリニックでは紹介によって大きな病院に行くことになる場合もあります。
また、個人クリニックで不妊治療をやっているとしても、価格は大きな病院や大学病院と比べ高くなることが多いようです。
価格的にも大学病院や総合病院の方がおすすめと言えるでしょう。

不妊専門病院の場合

不妊専門病院は、多くの不妊治療を行っているので専門性が高くおすすめですが、料金がとても高い病院と割安な病院があります。
成功率や技術を誇っているかわりにすべての料金が高いという、いわゆる高級志向の不妊専門病院と、低価格を売りにしている不妊専門病院があるので、どのようなタイプの病院を選ぶか夫婦で相談しましょう。

特に不妊治療は保険外治療となるので、価格も病院が自由に決めることができます。
何回も行うこともあるので、やはりその辺もチェックしてから選択するようにしましょう!
もちろん口コミなどの人気と、料金面のダブルでチェックすることが必要です。

最近は病院名をそのまま検索すると病院の口コミやレビューが出てくる場合もありますよ。

実際に病院に行ってみよう

病院のイラスト

もちろん病院やクリニックの評判は口コミなどでチェックし、自分にあっているところに決めますが、口コミだけでなく病院のホームページなどを見て、それぞれの病院の方針や特徴もチェックしましょう。
また、料金など詳しくは電話で聞いてもOKです。

これらの情報から自分にあっている病院を選んだら、やはりとにかく行ってみることが先決です。
最初は不妊治療をするべきかという相談だけでもいいのではないでしょうか。医師や病院の雰囲気なども自分に合っているかチェックしましょう。

距離的にも通院しやすい病院を選ぼう

やはり不妊治療は卵胞の成長を見たりホルモンの状況などをチェックしたりと、こちらの自由に決めた日に病院に行くことはできません。
何よりも優先して不妊治療に当たることが必要となります。

仕事を持っている場合は自宅と職場と病院の場所の関係など、通いやすい病院を選ぶようにしましょう。

マイカーを利用する場合は駐車場のチェックなども必要です。基本的に不妊治療は自分の都合より、体の状態を優先させることになります。

病院主催の勉強会や講習会に参加してみよう

最近不妊治療を行っている病院やクリニックなどでは、勉強会や講習会を行っているところもあります。
妊娠、不妊、不妊治療などのことについていろいろ説明してもらえるので、きちんとした知識がつきます。

可能であれば幾つかの病院の主催する勉強会に参加してみましょう。
病院の違いも見えてきて、こんな病院で不妊治療を行いたいと思えるような病院との出会いもあるかも知れません。

もちろん不妊治療のことをきちんと知れば、自分が今後どのような不妊治療をしていくか、もし結果が出なかったらどの辺でストップするかなども考えることができます。

夫にも不妊治療の知識を持ってもらう

夫と一緒に参加して、夫にも正しい不妊と不妊治療の知識を持ってもらうようにしましょう。
知識を持つことで、例えば周期毎に必要な検査なども分かり、不妊治療の具体的な流れも見えてくるはずです。

それによって検査費用も最初にかかる分と、そのたびにかかる分なども大体見えてきます。
また説明会に参加すれば、そのときにその病院の価格を聞くことができ、夫婦で話した際の病院選びにも役立ちます。

病院が決まったら予約をしよう

パソコンで調べものをする夫婦

診察や相談に行ってみようと思った病院やクリニックが決まったら、まずそこに問い合わせをしましょう。
大学病院などでは不妊科が行われている日は、週に数回ということもあります。
問い合わせをして、予約を取る必要があるなら予約をしましょう!
不妊専門病院などは完全予約制というところもあります。

初診時に持っていくものを聞いておく

初診時に持っていくべきものも聞いておきましょう。
説明会や講習会の後に、予約を取って診察してもらうことができる病院もあります。
その辺のことも前もってチェックしておくといいでしょう。
分からないことはメールで質問するより、電話を利用してどんどん聞いても問題ありません。

初診のタイミングを考えよう

初診では問診や今までの経過、月経周期などを話すことになり、できる検査は初診の日に行うこともあります。
一応必要な検査が終わるまでに約1周期かかると考えておきましょう。
ただし、内診もするので生理中はできるだけ避けましょう。

また、病院に問い合わせると、病院によっては月経が始まって何日目に来るように言われる場合もあるので、まずは問い合わせて聞いてみることが大切です。

初診の費用を打診しておく

とりあえず検査をして今の状態が分からないと、先生もどのような不妊治療を行っていいか分かりません。
そこで初診のタイミングからできる検査を行っていきます。
性感染症検査、子宮癌検査、ホルモン検査なども初診のときに行う場合もあります。

そのため初診料も含めて、検査料が大体どのぐらいかかるか電話で聞いておきましょう。
夫と一緒に行った場合は、夫の精液検査も同時に行うことが多いようです。

検査は夫婦で受けよう

初診には夫婦で行くことがベストです。
女性側だけでなく男性側も不妊原因がある場合も多いため、夫婦両方の不妊原因をチェックしていく必要があります。
早く検査をしなければ不妊治療の計画が立たないため、できるだけ早く2人の検査をするためにも、初診から夫婦で行く方がいいのです。
できる検査はすぐにできるようになっています。


ベルタ葉酸