妊活サプリの教科書
> > カルシウムの妊活・妊娠への効果とは?

カルシウムの妊活・妊娠への効果とは?

カルシウムの妊活・妊娠への働き

妊娠中には特にカルシウムは赤ちゃんの体の形成にも、重要な栄養素というイメージがあります。そんなカルシウムの重要性を考えてみましょう。
そしてどのように摂取すればいいのか、摂り過ぎはどうなのか、不足すると問題があるのかなど妊娠とカルシウムの関係について考えてみましょう。

カルシウムが不足すると

妊娠中にカルシウムが不足すると以下の症状が起きやすくなってしまいます。

  • 骨折しやすくなる
  • 手足がしびれやすくなる
  • イライラすることが多くなる
  • 胎児の骨や歯の生成に影響する
  • ホメオスタシスが乱れる

出産後に骨密度が低下してしまったり、歯がもろくなるということが起こります。
また、胎児の成長に影響が出てしまうことも…。胎児の骨が細かったり、歯がもろかったりということにもなりかねません。

妊娠中のイライラもカルシウム不足から来ると言われています。
他にも妊娠高血圧症の危険があり、血圧が以上に高くなってしまい、出産時に命の危険となることもあるのです。

妊婦がなぜカルシウム不足になるのか

産婦人科での検診体の中のカルシウムの、なんと99%が骨と歯などに蓄積されています。蓄積といってもただ貯蔵されているのではなく、歯や骨という大切な体の一部分となって貯蔵しています。そして残りの1%は血液、筋肉、神経などに存在し、心臓の収縮や血液の凝固などの働きを担っています。

妊娠すると当然、胎児の骨や歯を作るために、お母さんの骨や歯からカルシウムを血液中に溶かして赤ちゃんに送ります。
赤ちゃんは出産までに相当さまざまな骨が作られますが、これらはすべてお母さんの骨や歯から溶け出したカルシウムで作られるのです。

それだけを考えても、どれだけ妊婦がカルシウムを摂取しなければならないかが分かるのではないでしょうか。そのため出産経験のある女性は、どうしても骨密度が低い傾向があることも報告されています。

特に妊娠後期は不足しやすい

妊娠後期になると、骨や歯が形成されていくことに比例して胎児が体に貯めこもうとするカルシウム量もどんどん増えてきます。40週目になるとその蓄積量は50gほど。
赤ちゃんはママの体から次々とカルシウムをもらっていくので、この時期にカルシウムが不足してしまうと発育にも影響してしまうのです。

カルシウムの過剰摂取には注意

カルシウムは不足しないようにしたい成分ですが、過剰摂取もまた問題があります。
皮膚の痒みや吐き気、便秘などの原因にも。特に妊娠中の便秘は困りものです。そして何より鉄、亜鉛、マグネシウムなどの吸収を抑えてしまいます。

そのため1日2,300mgまでとしましょう。しかし食品栄養表などを見ると分かるように、1日カルシウムを2,300mg摂取するのは相当な量が必要になるので、過剰摂取より不足の方を注意したいものです。ただし幾つかのサプリを摂取すると重複してカルシウムが摂れてしまうことも。複数サプリの成分重複は注意しなければなりません。
また、サプリメントで摂取する場合は目安量を超えないようにしましょう。

カルシウムの多く含まれている食品

ここでは100g辺りのカルシウム量をご紹介しますが、乾燥したものなどは10gに換算して考えてみましょう。干しエビ10g・カルシウム約10mg。イワシの丸干し10g・約44mg。カタクチイワシの煮干し10g・約220mg。乾燥ひじき10g・約140mg。乾燥カットわかめ10g・約82mg。いりコマ10g・約120mg。

また、モロヘイヤ100g・約170mg。小松菜100g・170mg。大根の葉100g・約220mg。牛乳100g・約110mg。ヨーグルト100g・約120mg。がんもどき100g・約270mg。木綿豆腐100g・約120mg。

また、カルシウムは食べ物によって吸収率が違います。例えば牛乳100g・カルシウムは110mgとなっていますが、乳製品の吸収率は50%なので実際には含有量の50%の約55mgとなります。また同じように小魚は約30%の吸収率なので、例えばカタクチイワシの煮干しなら10gで含有量の30%の約66mgが吸収されることに。また緑黄野菜なら20%の吸収率です。

カルシウムと一緒に摂りたい成分

カルシウムの吸収を高めるにはマグネシウムと同時摂取がおすすめです。カルシウムの半分程度のマグネシウムの同時摂取が重要です。
また、ビタミンDやビタミンC、クエン酸もカルシウムの吸収率を高めてくれます。他にもカルシウムとリンや亜鉛は骨を作る重要な栄養素なので、これらも一緒に摂れるとより良いでしょう。

豆知識
例えば野菜にはレモンなどのクエン酸や、ビタミンCの多いものをプラスしてみるのもおすすめ。小魚にも大根おろしのビタミンCや柚子やカボスのクエン酸をプラスしてみるのもおすすめです。マグネシウムは小魚や大豆にも豊富に含まれているので、豆腐や納豆などと一緒に取り入れるのもおすすめ。

妊活中はカルシウムをしっかり摂ろう

妊活サプリなどを利用し上手に摂取しましょう妊娠したらカルシウムが必要なことは何となく分かりますが、実は妊活中にもカルシウムはしっかり摂るべきなのです。まず1つは妊娠したときに、どんどんカルシウムが胎児に流れていくため、妊娠前にもしっかり骨密度の高い状態にしておくべきなのです。

そしてもう一つ、妊活中にストレスは大敵と言われています。
しかしなかなか妊活に成功しない焦りや、例えば好きなお酒を控えたりタバコをやめたりと、ストレスはとても多くなります。ましてカルシウム不足となれば、ますますストレスが強まることにも。そのためにもカルシウムは大切なのです。

最近は葉酸サプリなどの妊活サプリにもカルシウムが配合されているものが多いため、そういったサプリメントを利用することもカルシウムとマグネシウムを上手に摂取する方法の1つです。


はぐくみ葉酸