妊活サプリの教科書
> > 葉酸やマカの摂取は男女の産み分けに影響するのか?

葉酸やマカの摂取は男女の産み分けに影響するのか?

葉酸やマカの摂取は男女の産み分けに影響するのか?

妊娠を希望している人の中には、できれば男女産み分けしたいと考えている人もいるようです。そんな中で葉酸やマカが男女の産み分けに関係すると聞いたことはないでしょうか。
そこで男女産み分けと葉酸やマカについての関係を考えてみましょう。

男女が決まる瞬間

精子が卵子のところへ到達して受精しますが、女児の場合は性染色体がXX、男児の場合はXYとなります。
受精した瞬間に男児か女児かは決まってしまうので、受精してから後でマカや葉酸を摂取しても産み分けには関係ありません。

精子が決め手

精子の運動男性の精子にはY染色体を持った精子と、X染色体を持った精子がいます。1960年に無脳児を出産した女性がおり、彼女の血液検査をしたところ血中カルシウム濃度がとても薄かったとのこと。彼女は体質的にカルシウムの血中濃度が薄かったため、カルシウム剤を服用することにしました。その結果数人の子どもを産みましたが全員が男児だったのです。

このことからY染色体を持った男児をつくる精子はアルカリに強く、X染色体を持った女児をつくる精子は酸性に強いということが判明しました。
このことによって女児をつくる精子は酸性に強く、男児をつくる精子はアルカリ性が強いという定説ができたのです。この結果は、性行為においての女性のオーガニズムに関係してくることが判明しました。

精子の特徴

X染色体を持った精子と、Y染色体を持った精子では違いがあります。X染色体を持った男児をつくる精子は膣内を泳ぐことが早く、寿命は短いと言われています。
また、Y染色体を持った女児をつくる精子の場合は逆に膣内を泳ぐのが遅く、寿命は長いといわれているのです。

排卵日と性行為との関係

排卵は月に1回、そして卵子は24時間しか生きていないと言われていますが、実は受精の可能性のある時間はたったの6~8時間とも言われています。

例えば排卵の3日前に性行為があった場合は、寿命の長い女児をつくるX染色体を持っている精子が受精する可能性が高くなります。

逆に排卵日の直前に性行為が行われた場合は、泳ぐのが早いY染色体を持った男児をつくる精子が先に受精する可能性が高く、男児が生まれるということになるのです。
実際に理屈上はこのようなことから男女の産み分けができるわけですが、実際には確実な排卵のタイミングが分からない限り、この話は机上の空論になってしまうことに。

オーガニズムとの関係

次に女性がオーガニズムに達した場合とそうでない場合で、産み分けができる可能性があります。オーガニズムに達した女性は膣内がアルカリ性の高濃度状態に。
つまりアルカリ性に強い男児をつくる精子が受精しやすくなります。逆にあまり興奮度がない女性の膣内は酸性度が高くなるので、女児をつくる精子が受精しやすくなるのです。

ただし、上でご紹介したように排卵日と性行為のタイミングと、オーガニズムとの関係は別々の産み分け方ではなく、どちらも一致したときに初めて産み分けることができるというものです。
そのため片方だけクリアしても産み分けできるわけではありません。つまりこれも机上の空論になりかねません。

マカと産み分けの関係

マカは身体を元気にするのでもしかしたら…マカを摂取すると産み分けができるという科学的証明は一切ありません。
ただしマカは生殖機能を高めます。豊富なビタミン、ミネラル、アミノ酸など素晴らしい栄養の宝庫。それによって体の疲れも取れ、男性も女性のエネルギッシュになります。

例えば身体が元気になることで、女性はオーガニズムに達しやすくなる可能性も高まります
また、男性もエネルギッシュになることで、熱々の関係になりそれが性行為の向上につながれば、より女性はオーガニズムを得やすくなります。
この場合、オーガニズムに達しやすいことでは男児の産み分けになるかも知れません。

だからといって女児を産み分けるために、オーガニズムを避け、疲れを溜めて体調も低下した状態で性行為を行うなんてことはあってはいけないこと。
健康な体だからこそ健康な卵子が作られ、健康な赤ちゃんができるのであり、疲れてエネルギーの低下した体からは、老化した卵子が作られ不妊、流産、障害などに結びついてしまいます。

葉酸と産み分けの関係

葉酸の場合も摂取したことで、産み分けができるということは単なる噂のレベルです。
ただし葉酸をしっかり摂取することでホルモンバランスが整い、規則正しい生理のリズムとなり、排卵日が安定してくることは十分考えられます。

それによって排卵日を的確に予想し、性交渉のタイミングを調整することで、産み分けができる可能性はあります。排卵日の予想がほとんど狂わなければ、排卵日の直前に性行為を行えば男児、数日前に性行為を行えば女児と産み分けができる可能性も。
ホルモンバランスの乱れが改善されることで、今までよりオーガニズムを得られるようになるかも知れません。

ただしマカと同じように、その場合はアルカリ性に強い男児の産み分けとなってしまいます。
しかしこれも単に机上の空論であって、すべての条件が重なって男児か女児かが決まるので、産み分けに関係なく元気で健康な赤ちゃんのために葉酸をしっかり摂取しましょう。


ベルタ葉酸