妊活サプリの教科書
> > 無脳症の生存確率や診断される時期

無脳症の生存確率や診断される時期

無脳症の生存確率や診断される時期について

生まれつき障害を持っている赤ちゃんの中には、無脳症という障害もあります。
無脳症についてどのような病気なのか、生存確率や予防はできないのかなど、いろいろなことが気になります。特にこれから妊娠を考えている人にとって、無脳症というネーミングは気になる人も多いはず。ここでは無脳症について、いろいろな面からご紹介したいと思います。

無脳症について

無脳症とは胎児の先天的な奇形、神経管閉鎖障害の一つで、頭蓋骨も大脳も小脳も欠如していたり退化していたりするものです。無頭蓋症とも言われており、とても深刻な奇形と言えるでしょう。

無脳症の症状とは

無脳症は大脳や小脳が欠如していたり退化しており、頭部も小さかったりいびつになっていたりします。脳が正常でないため、体の成長にも当然いろいろなトラブルが発症していることがほとんどです。

しかし一見すると、頭の形や大きさだけが異常で、体は普通に見える場合もありますが、内臓が正常ということはほとんどありません。
また頭部だけでなく顔の部分もいろいろな奇形が存在していることも多いと言われています。

無脳症の寿命・生存率について

無脳症の子どもの生存率はとても低いと言われており75%は体内で死亡してしまいます。また出産することができても、数時間~数日で亡くなることがほとんど。
ごく希に出産後1カ月程度生存することもあると言われています。

また今までには1年以上生存例も報告されています。ほとんどは数日と考えられるのではないでしょうか。

無脳症の原因について

医師からアドバイスを受ける女性

無脳症は脳や脊髄が発達する時期に、発達を阻害する神経管閉鎖障害が起こったことによって発症します。大脳や小脳、脳幹などが発達不全を起こす神経管閉鎖障害が発症すること自体、まだはっきりした原因は分かっていません。

もちろん遺伝子要因もあることも。他にも妊娠中の飲酒、喫煙、高齢出産、栄養素、葉酸不足などの要因が言われていますが、どれもそれだけが要因や原因とは言い切れません。
そのため少しでも予防するには、分かっていること、疑われていることは避けるようにするしかないのではないでしょうか。

無脳症の治療と出産について

胎児が無脳症だった場合は、特に治療はありません。少しでも長い時間生きられるようにできることをするだけとなります。
しかし多くの場合、妊娠中にエコーではっきり無脳症と分かることが分かるので、無脳症と分かった時点で人工妊娠中絶が選択されることになります。

出産しても生存できる可能性は非常に低く、母体の影響なども考えて中絶を勧める病院がほとんどです。
ただし、生きようとして生まれてくる赤ちゃんだから、数時間でも1日でも生かしてあげたいという人も。そういう場合は病院と一体となって、できるだけ赤ちゃんを無事出産できることと、その後のサポートをしていくことになります。

いつ無脳症と診断されるのか

エコー検査

無脳症の場合はエコーではっきり分かるので、妊娠中の検査などは特にしません。エコーでは頭部が薄く揺らいで見えるようになります。
大体妊娠10週目~16週目にエコーではっきり異常が分かることがほとんど。頭蓋骨が欠如する無頭蓋症の場合は、妊娠9週目から分かると言われています。

無脳症は遺伝や高齢出産との関係はあるのか?

無脳症は遺伝もあると言われていますが、それだけではない可能性も十分あるとのこと。原因もすべて解明されているものではありません。
しかし高齢出産との関係もまだ分かっていません。高齢出産に極希に関係しているとしても、その発症率は少なく、特に高齢出産だけを問題視することはないのでは。

ただし妊娠初期の細胞分裂など脳の作られる時期に、葉酸はしっかり摂取しておきましょう。また妊娠初期の環境を整えるために妊活の時期から、アルコールや喫煙などを避けることや葉酸の摂取などを意識したいものです。

【関連記事】:胎児の先天性異常予防したい人のサプリの選び方


ベルタ葉酸