妊活サプリの教科書
> > 貧血体質の改善をしたい人のサプリの選び方

貧血体質の改善をしたい人のサプリの選び方

貧血改善をしたい人のサプリの選び方

女性は男性に比べて貧血になりやすいって聞いたことがある人も多いと思いますが、男性でも貧血にならないわけではありません。
では、なせ貧血になるのか?貧血を改善するにはどんなサプリを選べばいいのか?
ここではそんな疑問を徹底解説していきます。妊活・妊娠中の方は是非参考にしてみてください。

貧血になってしまう原因は?貧血体質とは??

貧血になりやすい人は共通点があります貧血を最終的には改善したいと思っている人が多いと思います。まずは貧血を改善するために貧血になってしまう原因をちゃんと知っておきましょう。

女性の方が男性に比べて貧血になりやすいって聞くには何故だと思いますか?
「なんとなく月経が関係しているのかな…?」なんて漠然と思っていませんか??

私も実はそう思っていた1人です。
しかし、それにはちゃんとした理由があったんです。

貧血は一般的に鉄分が足りないからと思っている人がほとんどですが、実は「貧血になりやすい体質」があるんです。
貧血になりやすい体質の人を「貧血体質」といい、「貧血体質」の人は大きく4パターンに分けられます。

貧血体質になりやすい人

  • ①鉄分を体に吸収しにくい人
  • ②胃腸が弱っている人・弱い人
  • ③月経中に経血が多い人
  • ④冷え性の人

では詳しく4つの理由を見ていきましょう。

①鉄分を体に吸収しにくい人

鉄分が体に不足すると貧血になるというのは貧血の1番の原因です。鉄分は1日の摂取量の目安が女性は体重1kgに対して35mgになっています。

50kgの人は1750mgを取らないといけないわけですが、鉄分を吸収しにくい人はこの量を取っても実際に体に吸収されるのはもっと少なくなってしまいます。
それが原因で鉄分不足になり貧血になってしまうのです。

②胃腸が弱っている人・弱い人

胃腸が弱い人はいろいろな栄養を食べても、胃腸がすぐ疲れてしまうので鉄分のみではなく様々な栄養が体に吸収しにくくなってしまいます。
体に必要な栄養を取れないので貧血になってしまうのです。

③月経中に経血が多い人

また、月経中の経血量が多い人は軽い人に比べて貧血になりやすいのも特徴です。
月経中は特に気をつけて鉄分を多めに取りましょう。

④冷え性の人

冷え性の人も血行が悪くなるので貧血体質になりやすくなります。
冷え性は血行を悪くしますが、さらに血行が悪くなると冷え性がひどくなるという悪循環になりますので注意してください。

③④の症状、特に③は女性しかならないものなので、男性より女性の方が貧血になる人は多いのです。

貧血体質の人は体質の改善をすれば治ります

貧血になりやすい体質だから仕方ないとあきらめないでください。
体質は改善できるので、頑張って改善していきましょう。

貧血体質を改善する2つのポイント

・食生活を改善して必要な栄養素を体に取らせること
・胃腸のケアをして胃腸をいたわってあげること

鉄分を吸収しにくい体質の人はどうやったら栄養を体が吸収しやすくなるかを考えてバランスのいい食事を心がけましょう。
胃腸が弱っていると栄養が吸収しにくくなるので、胃腸がツラいと感じる暴飲暴食をしないように気を付けたり、冷やさないようにして胃腸をいたわってあげることが大切です。

また、お腹に筋肉をつけると血行が良くなるのでちょっと意識して運動してみましょう。

必要な栄養素を効率よくとりましょう

レバー貧血体質の人は体が鉄分を不足している状態の人が多いのがわかったら、鉄分を多く摂取すれば良いと思いがちです。実際に体が血を作るには鉄分だけでなく他にも鉄分の吸収を助けてくれる栄養素を摂らないといけません。
そこでせっかく摂取した鉄分をしっかりと血液にするために、他にも鉄分と相乗効果のある栄養素を一緒にとって効率よく貧血体質を改善していきましょう。

血液を作るために必要な栄養素とその効果

タンパク質 タンパク質に入っているヘモグロビンは血液で酸素を体に運ぶ役割をします。
ビタミンB6 貧血やむくみ予防に効果があり、妊娠中に不足すると妊娠中毒症になる恐れがあります。また、授乳中に不足すると赤ちゃんに栄養が行かず、夜泣きがひどくなる原因になります。
ビタミンB12 赤血球を作るのに欠かせない栄養素で脳の血管を修復して脳梗塞などの予防にもなります。
ビタミンC 鉄分の吸収を高めてくれる効果があるので血を作るのに欠かせない栄養素です。
葉酸 赤血球を作るのに欠かせない栄養素でビタミンB12と両方不足すると貧血の原因になってしまいます。

この5つの栄養素を鉄分と一緒にとって血液を濃くして貧血体質を改善していきましょう。

鉄分には体に吸収しやすいものとそうでないものがある?!

血液貧血の人は鉄分をできるだけ摂取しようと気をつけていると思います。
でも鉄分には体にヘム鉄と呼ばれる吸収しやすいタイプと、非ヘム鉄と呼ばれるそうでないタイプの2種類に分かれるということは知っていましたか?

ヘム鉄は肉や魚などの動物性食品からとれるものが10~20%と鉄分の吸収率が高いんです。

しかし残念ながら日本人は非ヘム鉄という野菜や海藻からの植物性食品を多く取りがちです。
しかし、非ヘム鉄の吸収率は1~6%とヘム鉄に比べるとかなり少ないのです。

せっかく鉄分を摂取するのであれば吸収率のいいヘム鉄を取るように心がけましょう。

サプリメントを効率よく使いましょう

貧血体質の原因は主に鉄分が体に不足してしまっている状態です。
先ほどもでてきましたが、体が鉄分を吸収しにくい体質の場合、鉄分を他の人に比べて多くとらないといけません。
しかし、1日に必要な摂取量を取るだけでも大変なのにさらに量を増やすのは結構大変だと思います。

そこで、必要な栄養素を食品だけでなく体への吸収効率の良いサプリメントで補ってあげるようにしましょう。サプリメントなら無理に食べなくてもいいのでストレスが掛からないのも特徴です。

また、忙しいと栄養が偏りがちです。鉄分はとったけどビタミンCが取れなかったなどの日は取れなかったものをサプリメントで補うようにするとバランスよく栄養を体に吸収できます。

貧血体質で悩んでいる人は血液を作るのに必要な栄養素5種類+鉄分をバランスよくとって改善していきましょう。

貧血体質におすすめの妊活サプリ

BABY葉酸
鉄の配合量は葉酸サプリジャンルでトップクラスの20mg。パウチタイプのため鮮度は抜群!

詳細はこちら

ベルタ葉酸サプリ
モンドセレクション金賞の人気葉酸サプリ。鉄は16mg配合しビタミンC・B12も高配合!

詳細はこちら

美的ヌーボ
天然素材にこだわったビタミンC500mg、鉄15mg配合のサプリ。少々価格が高いのがネック…。

詳細はこちら


はぐくみ葉酸